にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
  にほんブログ村に登録しています!(^-^ )

2008年03月01日

乳がんの検査に行ってきました。

この間、乳がんの検査に行ってきました。
 
1ヶ月ほど前、テレビで乳がんについてやっていて、
私も何気なしに胸を調べてみたところ・・・
 
右胸に、何か硬いものが。
これはもしかして、「しこり」!?
 
あわてて病院に行き、検査。
 
結果は「何でもない」というものでした(;´∇` )
 
 
でも、検査の日までは
ものすごく焦りましたし、
ものすごく困りましたし、
ものすごく色々なことを考えました。
 
今まで遠くに見えていたものが、
急に近くにせまってきたようで・・・
正直、目の前が真っ白になってしまいました。
 
 
今日から数回に分けて、
私の今回の騒動&乳がんの検査について、語ってみたいと思います。
 
 
まず、私が初めて「しこり」らしきものに気づいたときの話から。
 
 
私は以前にも、テレビで乳がん特集を観たことがありました。
 
でもその時は、ろくに調べもしないでいました。
自分には関係ない、なんて思っていたのです。
 
今回は、テレビの対象が30代だったこともあって、ちょっと不安になりました。
 
そこで、きちんと・・・というよりもなんとなく、胸を触ってみたのです。
本当はもっとちゃんとした「触診」のしかたがあるのですが、
私はここでも、「多分何もないよ」という気持ちの方が強く、適当に調べました。
 
ところが。
 
その適当な触診で、硬いものに触れてしまったのです。
 
(え?)
 
私の中に、冷たいものが流れたような気がしました。
 
(まさか・・・)
 
私は、今度は慎重に、ゆっくりと、触ってみました。
 
やっぱり、硬いものがありました。
 
そしてそれは、左にはなく、右にのみ、あったのです。
 
(うそ・・・でも)
 
私は、嫌な予感がよぎったものの、
そのときは生理中だったので、そのせいだと思い込もうとしました。
 
生理中にだけ現れるしこりもあるらしいのです。
そしてそれはガンではなく、「乳腺症」のしこりだそう。
 
そこで私は、生理が終わってからもう一度調べることにしました。
 
やがて生理が終わり、
祈るような気持ちで、もう一度確かめてみました。
 
しかし、私の祈りもむなしく、
その硬いものは、依然としてそこにあったのです。
 
私は、がく然としました。
 
生理が終わっても、消えないしこり・・・
それは、「乳がんの可能性」を示します。
 
もちろん、詳しく調べてみなければわかりません。
乳がん以外にもしこりが出る病気があるかもしれませんし、
そもそもこの硬いものが「しこり」なのかどうかすら、わからないのです。
 
けれど、私は、急に体が冷たくなったような気がしました。
目の前が暗く、なのに真っ白になっているような感覚でした。
 
(ガンかもしれない・・・)
 
それを考えることは、とても怖くて、泣き出したい気持ちでした。
 
だけど、早期発見が命ということ、
早期発見なら、「死」に直結する可能性は低いことを、
私はテレビで知っていました。
 
たとえガンでも、死ぬことはない。
触った感じでは、2センチか3センチくらいだった。
このくらいなら、ガンだとしても、手術で治る。
今は技術も発達している・・・。
 
私の脳裏に、そんなことがぐるぐる回りました。
 
 
そして、私は一刻も早く病院に行こうと決心したのです。
 
 
インターネットで、近くにあって乳がんの検査ができる病院を調べました。
 
ところが、電話をしてみると、なんと20日くらい先まで予約でいっぱいだと言うのです。
ちょうどテレビで乳がんの特集をやっていた時期だったので、殺到したのかもしれません。
 
私は、この不安を20日も引きずるのは嫌でしたが、
他の病院を探して予約しても、そこもいっぱいかもしれないという予感がしたため、結局そこで予約を取りました。
 
 
それから20日の間、
私は、なるべくそのことを考えないように過ごしました。
 
そうは言っても、それは無理だしどうしても考えてしまうのですが、
それでも、できるだけ自ら考えようとすることは、避けていました。
 
考えたって、答えは出ないのです。
どれだけ不安になっても、どれだけ大丈夫と思っても、
結果は、調べてみないと何もわからないのですから。
 
もちろん、硬いものには一切触れようとはしませんでした。
 
 
そして、長い20日間がすぎて、
検査の日を迎えたのです。
 
次回へ続く。
 
(2008年3月1日 水沢藍)
posted by 水沢藍 at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月02日

乳がん検査1 問診・触診

乳がんの検査第一。
 
問診・触診
 
病院に着いて、保険証提出。
症状や病歴などを答えるアンケート用紙を渡されました。
 
気になる胸は、左右どちらか。
どんな症状か。
いつごろから気になっていたか。
過去に病気をしたか。
薬を処方されているか。
妊娠はしたことがあるか。
初潮はいつか。
月経の周期、最後の月経など。
親族に腫瘍(ガン)と診断された者はいるか。また、その続柄。
 
などを答えていきます。
 
身長・体重なども書く欄があり、
身長はともかく体重なんてしばらく量ってないので焦りました。
 
一応、一番いいときと、一番やばいときの間くらいを書いときました(オイ)。
・・・やっぱり、定期的に量るのがいいようですね。
せめて病院に行く前には、量っておくのがいいかもです。
 
 
さて、まずは、医師と対面。
気になるところを告げます。
医師からも数点質問などがあるので答えます。
 
でも、さっきアンケートに書いたけど・・・。
 
 
問診は1分もかからず終わり、
次は触診です。
 
できれば女医さんがよかったけど、
おじさんでした(T_T)
 
私、「触診」ってものは、
テレビで観た、「自分でやる触診」のことだと思ってました。
もちろん医者が触るのは当たり前としても、
大体あんな感じで、それほど強くは触らないんだろうと。
 
とんでもない。
 
痛い(TロT)
 
とくに、乳頭から血が出ないかどうかを確かめるやつが、かなり痛い。
首のリンパ節が腫れていないかを確かめるやつも、痛い。
 
「ちょっと痛いよ〜」
 
ちょっとじゃない(TロT)
 
「力入れないでね〜。ハイ、力抜いて〜」
 
無理です(TロT)
 
やっとこ終わりました。
 
しかし、
 
「検査は、まず触診、次にマンモグラフィ、超音波と3点やりますから」
 
一番初めに言われた医師の言葉を思い出す私。
 
まだまだ、検査は序の口です。
 
 
そうです。
 
この次こそ、
恐怖のマンモグラフィなのです。
 
私は、この検査ほどやりたくない検査はそうそうないと思っていました。
 
腸の内視鏡検査が一番嫌ですが、
はっきり言ってこのマンモグラフィも、5本指に入ると思っていました。
 
だって、テレビで観たところによると、
マンモグラフィっていうのは・・・
 
胸をつぶす検査
 
・・・なのです。
 
 
しかし、このときの私は、
ガンへの恐怖と、検査未体験という無知さが相まって、
そのことをちょっと忘れていました・・・。
 
次回に続く。
 
(2008年3月2日 水沢藍)
posted by 水沢藍 at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月03日

乳がん検査2 マンモグラフィ

乳がんの検査第二。
 
マンモグラフィ
 
やってきました・・・。
とうとう、このときが。
 
私は、最初に硬いものを見つけたときに、
インターネットで乳がん検査について調べました。
 
すると、マンモグラフィについてのこんな記述を見つけたのです。
 
胸が小さい人の方が痛いらしい。
 
・・・・・・。
 
マジで!?(゜Д|||
 
自慢じゃないけど、私めは小胸でございます。
まず、挟めるか心配だよ。
胸が小さいというのは何かと嫌な思いをすることが多い上、
乳がん検査まで痛いとは。
踏んだり蹴ったりです。
 
・・・嫌だあぁ・・・(TロT)
 
 
とまあ、そんなこんなでしたが、
一応挟めました。
 
曰く男の方でも挟めるそうで、やってみて納得しました。
確かにあれだけ押し付けるなら、できるかもしれません。
 
 
それはさておき・・・
 
撮ってくれる人が、撮る前に
「実際痛いんですよ」
とか言ってくれたのでますます恐怖感が募りました。
 
そして実際、
どれくらい痛かったかと言いますと。
 
ねじ切られるような痛み
 
でございました.・゚(≧Д≦)゚・.
 
マンモグラフィは、胸を上下からプレス、左右からプレスの2回、右胸、左胸とやります。
つまり、4回つぶされることになります。
 
いわゆるレントゲン写真みたいな感じ?
つぶしたところをパチリ。
上手く撮れていなかった場合は撮り直しがあります。
 
私は1回撮り直しました(T∇T)
 
ものすごく痛いのは、3秒くらいです。
プレスされたあと、プレスした板を固定するため、ねじを締めます。
そのねじを締めたとき、圧迫がマックスになります。
 
「ぐっ」
くらいなのが、
マックスの3秒間は
「ぬぐおおおお(゜Д゜|||)」
・・・て感じ。
 
しかも痛みは一日では取れず。
たいした痛みじゃないんですが、力を入れたりすると・・・。
この3秒は大きい3秒ですよ。
 
・・・私の場合、小胸な上5回もつぶしたせいかもしれませんが。
 
 
さて、やっと一番の難関、マンモグラフィが終わりました。
 
次は超音波検査です。
これは無痛と聞いていたので、ちょっと安心です。
 
とうとう検査も最後。
あとひとふんばり。
 
・・・てことで、次回へ続く。
 
(2008年3月3日 水沢藍)
posted by 水沢藍 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月05日

3月4日拍手コメントのお礼です(-^▽^-)

15:45の方、拍手コメントありがとうです〜!

いつでもコソッと遊びに来てください(笑)
応援ありがとうございました!!(*´▽`*)
posted by 水沢藍 at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

乳がん検査3 超音波検査

乳がんの検査第三。
 
超音波検査
 
とうとう最後の超音波。
 
しかしさっきのマンモのせいで痛いのに、この上グリグリされるかと思ったらスゴイ怖かったけど、
思ったより痛くはなかったです。
 
ただ・・・
  
くすぐったかった( `▽´;)
 
調べる胸の側の背中に枕を挟み、仰向けにねっころがる。
少し斜めに傾くような感じで検査スタート。
 
なにやらジェルのような薬を塗られて、レジのピッてやるやつみたいなので軽く押し付けながら、まんべんなく調べていきます。
 
私は寝ているのでモニターが見えませんでしたが、
看護師さん?がモニターを見ながら、見落としがないように何度も何度も丁寧に調べます。
 
長い
 
正直、こんなに長いのか〜って思いました。
 
いや、もしかしたらそんなに長くないのかもしれませんが、私には結構長く感じましたよ。
 
しかも途中でお腹鳴っちゃって・・・(//ロ//)
は、恥ずかしい・・・。
 
でも大丈夫。
看護師さん?は、真剣にモニターを見ているので、私の腹の虫など気づきもしません(たぶん)。
 
後ろで医者が
「なんにもないね〜」
とか言っていたので、
(え!?ヽ(゜∀゜)ノ)
と喜んでいたら、
 
「カルテの方が気になる」
とか
「本人は右を気にしてるけど・・・」
などとも言い出すので
 
(カルテが何!?)
(左がなんかあるの!?(゜Д゜|||)

と、パニック。
 
 
しかしそんなこんなの検査も、とうとう終わりを告げました。
 
いろいろ後ろで言われたものの、
どうにも医者の雰囲気が「それほど深刻じゃない」といった感じだったので、
この時点で私のガンへの不安も、かなりの確率で「ちがうんじゃない?」という気持ちに変わっていました。
 
そしてその後、医者から検査結果と胸の状態についての話を聞くことになりました。
 
結果は、最初に書いたとおり
「何でもない」
というものでしたが(つまりガンではない)、
 
本当に全くの健康状態というわけではなかったようです。
 
では、次回はそのお話を。
 
(2008年3月5日 水沢藍)
posted by 水沢藍 at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
  にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
   ネット体験談 総目次1
   ネット体験談 総目次2
   ネット体験談 総目次3
   カテゴリ別目次
    ・「パソコン関連」
    ・「ネット関連」
    ・「サイト作り関連」
    ・「さくら(ブログ)関連」
   ポイントサイト目次
   日記目次
   好きな曲紹介目次
   それぞれの目次ページに飛べます。他の記事をご覧になりたい時にご活用ください。

トップページへ戻る