にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
  にほんブログ村に登録しています!(^-^ )

2008年06月01日

北京予選男子バレー2戦目

昨日のイタリア戦は、本当に惜しかった・・・。

今日は、そんな昨日のショックを引きずっているのではないかととても心配でしたが、
序盤から松本選手のサーブで崩し、日本は好スタートを切りました。

楽勝、とまではいかないまでも、なかなかの試合運びで2セット連取!

しかし、
そこでストレート勝ちするほど、日本とイランの実力差が離れているわけではありません(ー'`ー;)

第3セットはつかず離れずの好勝負。
一応日本が少しリードしていたのですが・・・

やられてしまいました(>_<)

昨日のイタリア戦の流れを感じて、ちょっとイヤ〜な予感・・・。

日本は、1、2セット取ったあと、3、4セットを落とし、フルセットの末負ける・・・という流れの試合を時々します。
「あと少しだったのに」っていう試合の後、急激に覇気がなくなってしまうんですね。
ガッカリしてしまうからなんでしょうが・・・
メンタル面の弱さというのが、日本の弱点のひとつだったりします。

でも、今日は昨日のイタリアとは違う!

3セット目の悔しさを跳ね返す勢いで、第4セットを取るんだ!!


しかし、日本は徐々に追い詰められていきます。

1、2セットでかなり決まっていたサーブも、だんだん取られるようになって来ました。
上手く押し込んでいたボールも、それを読まれてブロックされたりします。

イランは、試合中に日本の攻撃に慣れてきてしまったようですよ!(゜△゜;)

ここは、強気に、そして冷静に1点1点を大事に決めていかなくてはいけません!


1点の重み・・・それは、昨日の第4セットで痛いほど感じました。

「たった1点」が、あんなに遠かった。

「たかが1点」じゃないんですね。
その1点を取るために、そしてその1点を守るために、
どれだけの努力が必要なんでしょうか。

簡単に決まる1点もあれば、死に物狂いでつないでつないで決める1点もある。
だけどそのすべてが、「何もしないでは得られなかった1点」なんですから。


マッチポイントになってからも、一切気は抜けません。

昨日の今日です。
「勝ち」を「確信」してしまったことで、取れなかった1点が昨日の試合の結果なら、
今日は、最後の最後まで、それこそ最後の1点を決めるまではと、笑顔さえも封印していたかのような日本のみんなでした。

そして、ラストの1本。

「いけ、コノヤローーーッヽ(*゜Д゜)ノ」

私のはしたない叫びと共に、ラストの越川選手のスパイクが、イランのコートに叩きつけられました。

・・・・勝ちました!!.:*・。(*≧∇≦*)。・*・°

楽勝ではなかったけど・・・
これで、小さな望みがつながりました。
全敗の心配も、これでなくなりました!!

イランには、4年前に負けているということですから、当然負ける心配もあったわけです。
でも、やってくれましたね!
本当によかったです。

ありがとう、全日本のみんな!


明日は試合がないので、ゆっくり心と身体を休めて、微調整もして、そして韓国戦に100%で臨んでほしいです!
ガンバレ、日本!!


ちなみに・・・ラストの瞬間、叫んだ私は手を振り上げた拍子に、机の角に思い切り手をぶつけてミミズ腫れを作りました。
ものすごく痛かったです(T-T)
(いいさ、日本が勝ったんだし・・・勝利の痛みよ!)

(2008年6月1日 水沢藍)
posted by 水沢藍 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男子バレー

2008年06月04日

北京予選男子バレー3、4戦目

北京予選3戦目は韓国とでした。

韓国は、日本と実力が拮抗しているようで、「宿命のライバル」と言われています。

その韓国との試合、おまけに北京行きがかかった大事な試合です。
何しろ、アジア枠の1位でないとオリンピックに行けないということですから、負ければ即行けないことが決まったようなものです。

第1セットは日本が先行して、そのまま勝ちが決まりましたが、第2セットは韓国リードの試合展開に、
「なんかやばいかも・・・(´・ω・`)」
と、私たちはハラハラ。

あんのじょう、負けてしまいました(T_T)

これはもう、「先行しなきゃ、追い越すことはできない!」と思い、第3セットは
「とにかく先に点を重ねるほうになってくれー!!」
と祈るように見ていたところ・・・

日本のリードで試合が進み、
「こ、これは・・・ヽ(゜∀゜)ノ」
と喜んだら、並ばれて
「ああっ!!(゜Д゜|||)」
という感じで、実に「いい勝負」でした。

なんかもう、見ていて「生きた心地がしない」という感じ。
ああ、勝ってほしいよ〜〜〜!!

そんな祈りが通じて、第3セットを日本が取りました!

第3セットを取っていれば、あと1セットで勝ちが決まりますが、もし取られてしまったら、第4セット勝ったとしてもフルセットまで行ってしまいます。
日本はフルセットが苦手なので、なんとしても第4セットで終わらせたいところなのです。
まあ、第4取られたら結局フルセットに行ってしまいますが(=_=;)

それでも、追い込まれているのとそうでないのとでは、見ているこっちの心配度合いが違います。
本当に、第3セット取れてよかったです。
ジュースになっていたら、イタリア戦のときのように負けていたかもしれなかったので・・・。

さて、第4セットは、日本のペースで試合が展開♪
第2セットと比べてみんなの動きがよくなっていたので、これは勝てるかも・・・と期待。

そして、そんな私たちの期待を裏切らず、勝ってくれました!(*^▽^*)

これで2勝です!
希望が断ち切れるのを防いでくれました。

ありがとう、みんな・・・。


しかし、今回の試合で特に嬉しかったのは、

荻野選手が出た!

・・・ということ。

出てたのは、負けてしまった第2セットの、中盤からラストまでだけだったのですが、
彼が入ってチームのムードが急に活発になったような気がします。

なんだろう、決めたときのあの、コートを走り回る姿のせいかな。
全然、若い頃と変わらずに、まさにムードメーカーなんですよね。
チームに、さわやかで元気な風を送り込んでくれる。

彼は石島選手の代わりに入ったんですが、第3セットからはまた石島選手が入りました。

なんていうか、石島選手って、荻野選手に似てるんですよね。
ムードメーカーの匂いです。
彼は荻野選手を目標としているようで、私たちも、彼ならきっと荻野選手のようになってくれると感じています。

元気のないとき、負けそうなとき、チームのムードをプラスに変えてくれる存在。
全日本に荻野選手がいなくなっても、石島選手がいる・・・
それが、唯一の希望のような気がします。

ぜひ、これからも日本のみんなを元気付ける、勇気付ける選手になってほしいと思います。

そして、セッターの朝長選手も久しぶりに出てくれました。
嬉しいです!

宇佐美選手とはまた違ったプレーで、昨日はそれが上手く発揮されたような気がします。

レシーブにも力いっぱい飛び込んでくれて、そこもまた嬉しいですね(*´▽`*)
他の選手もぜひ、レシーブに思いっきり力を入れてほしいです。


そして・・・

ついにきました、4戦目。
相手はタイです。

タイには、去年ストレートで負けた経験があるようなので・・・すごく心配でした。

今日は最初からセッターに朝長選手を起用。
昨日のいい流れを、今日も期待したいところです。

そして第1セット目。
ものすごいいい勝負です。
タイと日本人の顔がすごく似てるのにも驚きましたが、プレーも似てるような気が・・・。

とにかく、サーブミスが多いですね(^_^;)
どっちも相当ミスってます。(イタリア戦のときほどじゃないですが・・・)

動きが硬いような感じでしたが、なんとかかんとか25−23でギリギリ勝利をもぎ取りました。

私は、去年タイにストレート負けしているということを聞いていたので、今回の大会も、タイには負けるかもしれない、という不安がありました。

でも、第2セットは日本優勢で試合が進んでいき・・・
なんと25−14という大差で日本が勝利!!

続く第3セットも、日本はどんどん点を重ねていきます。
タイにミスが多かったせいもありますが、25−16と、これまた大差で勝利し、なんとストレート勝ちしました!!

去年の借りを返してやった、ってとこでしょうか。
なんか、久々に気持ちよかったですヽ(*^。^*)ノ
やっぱり、ストレート勝ちっていいなあ♪♪
(そりゃそうですよね)

今日は荻野選手は出ませんでしたが・・・
彼が出ないということは、みんなが調子よかった、ということでもあるので、それはそれでよかったかなあと思います。

今日はサービスエースがかなり決まったので、それも大きな勝因でしょうね。
ブロックが相変わらず少ないですけど・・・それは、今後に期待したいと思います。

ともあれ、今日の試合はみんながのびのびとプレーしていたのが、見ていてとっても気持ちがよかったです。
特に調子が出ない人もいなくて、みんなが自分の持ち味を十分に出して頑張った試合じゃないかな、と思います。

このままのみんなで、あさってのオーストラリア戦に行ってもらいたいです。
オーストラリアは、ハッキリ言って強いです。
アジア勢の中じゃ、ダントツです。
日本も、ここのところオーストラリアには2連敗だそうです。

だけど、そのオーストラリアを倒さなければ、北京はありません。


大会が始まったとき、男子は無理だと思いました。
イタリアもいて、オーストラリアもいて、去年負けたタイもいる。宿命のライバル韓国もいて、他にも、「絶対勝てる」相手なんかいない・・・
そう思っていました。

だから、最悪全敗、まあ1勝、できれば2勝、運が良ければ3勝かな、なんて思ってたわけです。
それくらい、これまで日本は負け続けてきたということです。

でも、今大会、始まってみれば、あのイタリアにフルセット、続く試合で3連勝です。
日本チームは、私が思っている以上に、成長していたのかもしれません。

あさってのオーストラリア戦が、多分北京行きを左右する試合になるでしょう。
勝てば行ける確率が高まり、負ければ行けない確率が高まる。
まさに大一番です。

ここまでやってくれるとは、本当に、正直思ってませんでした。
だからこそ・・・

大会が始まったときより、今はもっともっと、彼らをオリンピックに行かせてあげたい気持ちが大きくなっています。

奇跡を信じて・・・

力の限り、応援したいと思います。

ガンバレ、日本!!

(2008年6月4日 水沢藍)
posted by 水沢藍 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男子バレー

2008年06月07日

北京予選男子バレー5戦目

ついに来ました、大一番のオーストラリア戦。

勝てば、北京に大きく近づきます。
逆に、負ければ北京が遠のいてしまう・・・。

オーストラリアには、半年前の大会でストレート負けをしているので、私たちは半分あきらめモード。

でもでも、もしこれに負けても、ラスト2戦頑張って勝って、そんでもってオーストラリアがどっかに負けてくれれば・・・
なんて考えていました。

だけど・・・

奇跡が起きました・・・(゜ロ゜;)

第1セット、7−1になってしまい、
「もうこりゃダメだ・・・」
ガックリと肩を落とした私たちに、全日本のみんなは、底力を見せつけてくれました。

なんと、この点差をひっくり返し・・・
日本が第1セットを取ったのです!!

まさか、こんな逆転劇があるとは夢にも思っていませんでした。
日本はラリーポイント制が苦手なので、大幅に点差があると、それを返すのは至難の業なのです。

第2セットも、激しい攻防が続き、オーストラリアのミスに助けられる部分も多々ありながらもなんとか28-26で日本が奪取!

ここまでくると、嫌でも期待が高まります。
もしかしたら、勝てるかもしれない・・・
いや、勝てる、そんな気がする・・・
お願い、勝って!!

私たちは祈るしかできませんでしたが、力の限り祈りました。

第3セットも、日本が少しリードした状態から点を重ね、23-18に!!

でも、ここで安心はできません。
25点を取るまでは、安心なんかできないのです。
初戦のイタリアとの試合で、それは痛いほどわかっています。

そしてやっぱり、オーストラリアは粘りを見せ、なんと日本が1点を取る間に、オーストラリアは7点を取り、24−25と逆転されてしまったのです!!

イタリア戦の、あの悪夢がよぎりました。

ここで勝っておかなければ、4、5セットと取られ、逆転負けの可能性もあります。

やっと追いついても、抜かしても、オーストラリアは食いついてきます。

万事休す・・・もう、ダメかと思いました。

しかし、最後まで、あきらめることなく粘り続け、とうとう29-27で、日本が勝利を手にしたのです!!


気がついてみれば、ストレート勝ちでした。

でも、安心して見ていられるような試合ではなく、本当に、一進一退の激しい戦いでした。
どっちが勝っても、負けても、おかしくない試合でした。

でも・・・

日本が、勝ったのです。

植田監督が、床に倒れこみました。

選手たちが、抱き合って喜んでいます。

実況席も、応援席も、まさに狂喜乱舞といった感じでした。


でも、私たちはボーッとしていました・・・。

これは、夢でしょうか。
まるで夢みたいです。

無理だと思った北京。
こんなにも、こんなにも切望してるのに、行けないことが半分わかっているような試合は、見ているのも辛く寂しく、かわいそうになってしまうような、そんな気さえしていました。

でも・・・
彼らは、ここまで頑張ってくれた。
「自分たちはあきらめてなんかいないぞ」って、
「どうだ!」って、
見せつけられた気がします。

信じてれば、努力すれば、「もう無理」なんてことはないのかもしれない・・・
今は、そんな気持ちでいっぱいです。


この試合は、日本チームに「お見合い」が多かったのがもったいなかったですが、オーストラリアの方もかなりサーブミスをしていたので、すごくラッキーでした。
いつもの日本なら、同じだけ、あるいはそれ以上サーブミスをするので、どれだけミスをしてくれてもプラマイゼロになるだけなのですが、この試合は違いました。

サーブミスが、いつもの半分もなかったのです!ヽ(゜∀゜)ノ

そして、いつもはほとんど決まらないブロックが、この試合では結構決まったのも、勝因のひとつだと思います。


それから・・・
やっぱり、荻野選手です。

彼が入ると、コート内の空気が変わります。
なんか、一気にピシって、引き締まるみたいな。
どんなに苦境にあっても、「まだまだ、これからだ!」って、気合いを入れ直してくれる・・・そんな感じです。

石島選手が荻野選手に抱きついてる場面がよくありましたが、私たちはそれを見るたび何だか可愛く、そして嬉しく思っていました。

二人は雰囲気が似てるので、何だか兄弟みたいですね。
こんな光景も、荻野選手が引退してしまったらもう見れないんだなぁと思うと、ちょっぴり寂しいです。


ついに、ここまできました。

本当に小さな小さな希望を、ここまで大きく膨らませてくれた全日本のみんなに、本当に「ありがとう」です。

そして、今日のアルゼンチン戦に勝って、北京行きの切符をつかんでほしい。

そのときこそ、この言葉を言いたいと思います。

言えることはないだろうと思ってた、
だけど一番言いたかった、
「おめでとう」の言葉を。

ガンバレ、日本!!

(2008年6月7日 水沢藍)
posted by 水沢藍 at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男子バレー

2008年06月08日

北京予選男子バレー6戦目

ついに、ここまで来ました。

運命のアルゼンチン戦です。

これに勝てば、北京行きが決まります。
16年ぶりに、男子バレーがオリンピックの舞台にいけるのです。

でも、アルゼンチンは世界ランク6位の強豪です。
日本と並んで、まだ1敗しかしてないチームです。

勝つのは、難しいかもしれない。
でも、頑張ってほしい。

信じよう。

そんな気持ちで見始めた第1セット。

このセットが、重要です。
勝って、勢いに乗りたい。
もし取られたら、そのまま負けてしまうかもしれない。
私たちは祈ります。

でも、ジュースになり、激しい攻防の末・・・
28-26で、セットを取ったのはアルゼンチンでした。

やっぱり、オリンピックへの扉は、そう簡単には開いてくれない。
世界の壁は厚い、一体にどこまで頑張ったら、そこへ行けるんだろう。

そんな私たちでしたが、第2セット目は、1セットが嘘のように日本が25−13と、圧勝で取りました。

再び、期待に燃え上がります。
まだまだ、チャンスはある!

続く第3セットも、日本が取り、とうとうあと1セット。

あと1セットで、北京に行けるのです。

ところが、やっぱりそう簡単にはいきません。

第4セットでは日本のミスが出てしまい、逆にアルゼンチンにミスが少なく、17−25の大差で負けてしまいました。

勝敗は、フルセットまでもつれ込みました。

日本がリードすれば、アルゼンチンはその差を縮めてきます。

大量リードを取れないまま、徐々に点を重ねたアルゼンチンにとうとう並ばれ、ジュースにつぐジュースの大接戦となりました。

そして・・・
ラスト、19−18。

試合の行方を決めるスパイクが、アルゼンチンのブロッカーに炸裂し、弾きとびました。

大歓声が起こりました。

「ウソ・・・勝った!?」
私たちは顔を見合わせます。

テレビを観れば、大喜びの選手たち。
割れんばかりの歓声であふれる会場。

そして、コートに倒れ伏した植田監督。

夢のような瞬間でした。

あの、アトランタに行けないことを知って呆然とした日。
シドニーにまた行けなくて、ガッカリした日。
アテネで返り咲いた女子。だけどやっぱり男子は行けなくて、男子バレーの復活をあきらめかけた日。

全てが、この試合で、昇華されたのです。


みんなが、泣いていました。
抱き合っていました。
素晴らしい感動でした。

勝利インタビューで荻野選手が、言葉をつまらせ、「嬉しい」と言いました。

誰よりも、最後のオリンピック選手として、もう一度オリンピックに行きたかった。行かせたかった。それが今、かなった。
そんな想いが、その一言にはあふれていました。

奇しくも、最後のあのスパイクを決めたのは、荻野選手でした。


私たちも、言葉がありません。
どんな言葉でも、足りない。

「マイナスからのスタート」から、ここまで頑張ってくれた選手たち、植田監督、男子バレーに関わる全ての人に。

「ありがとう」です。

そして・・・

やっと、言えます。

オリンピック出場、おめでとう!!


なんだか、いろいろ書こうと思ってたのに、胸がいっぱいで言葉になりません。

希望を、勇気を、夢を、そして感動をありがとう。
ただその一言を、みんなに言いたい。それだけです。


そして、ラスト一戦。
勝ってもらいたいです。

日本男子バレーの全ての力を、日本のコートに叩きつけて、そして、北京へ行って大暴れしてください!!

ガンバレ、日本!!

(2008年6月8日 水沢藍)
posted by 水沢藍 at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男子バレー

2008年06月09日

北京予選男子バレー最終戦

とうとう、ラストです。

この10日間、私たちをこんなに興奮・感動させてくれた2008北京オリンピックバレーボール世界最終予選も、とうとう最後になりました。

ラストはアルジェリアとの対決です。

アルジェリアは、以前日本が負けたチュニジアを破った相手ということで、相変わらず安心できる試合が全くない状況です。

でもその方が気が引き締まっていいですよね。
弱い相手だなんて思って試合したんじゃ、いい結果を残せるはずもありません。


さて、第1セット。
なんか、みんなちょっと元気ないですよ?
どうも第1セットって、乗り切れてないんですよね。ん〜、早くエンジンかかってほしいところです。

だんだん元気が出てきて、サービスエースなんかも決まったりして、調子が出てきました!
これは、このセット取れるかもしれない!

・・・実は私も、ちょっとなんか、第1セットのあたりは気が抜けてしまって、応援してるんだけど、どこか魂の抜けたような感じがして・・・
前回のアルゼンチンでハッスルしすぎた影響でしょうか、応援に力が入りませんでした。

でも、やっぱりみんなの闘志あふれるプレーを見てたら、私もだんだん調子を取り戻してきました。

再び応援にも熱が入ります。
最後の試合、絶対勝ってほしいところです!!


その願いが通じ、なんとラストは日本のストレート勝ち!!v(≧∇≦)v

夢みたいです。
日本は、最初のイタリア戦以外全勝したってことです!
始まる前は、あんなにあんなに不安だったのが、嘘のようです。

女子との実力差、大分縮まったのかもしれません!

もう、「バレー」と言えば女子だけ、なんて誰にも言わせない!
そんな感じです。


この試合では、フルメンバー出場と言ってもいいくらい、たくさんの選手が入って、活躍しました。

まずは、松本選手に代わって入った斉藤選手
ノブコフという愛称で呼ばれているベテランの選手で、今大会ではほとんど出てなかったんですが、最後の最後で入って、活躍しました!

だから、でしょうね。
試合後、感極まって泣いていました。
やっぱり、コートに立って、活躍してこそ、「もぎ取った勝利」をかみしめることができるでしょうから。

そして、21歳の若い清水選手福澤選手も大活躍。

彼らはまだ若く、これまでの試合ではほとんど出ることができずにいたため、
「やっと出れた!」という思いが爆発したのか、温存したパワーを一気に発散させるかのような、非常にのびのびとした、大胆なプレーを見せてくれました。

そして久しぶりの宇佐美選手

本当に最後の最後くらいでしたが・・・
それでも、彼のトスアップをもう一度見れて、嬉しかったです。

荻野選手は、今回はお休み・・・でした。
でも、コートの外から大声でみんなに声をかけていて、キャプテンは、コートにいてもいなくても、やっぱり大きな存在なんだなぁと、しみじみ思います。

はっ、そういえば山本選手・・・何だか、スネが疲労骨折一歩手前・・・とか。
うわ〜〜!!やめて〜〜〜!!(>_<)

彼がいない日本なんて、寂しすぎる。
それに、この大会一番の得点王ですよ。
山本がいなくなったら、北京でいい試合をするのは難しいよ〜!!

あと2ヶ月、しっかり治してほしいです・・・(=_=;)


いろいろありましたが、とうとうこれで北京予選も終わりました。

長かったようで、短くて、だけど始まる前は遠かった北京が、今はそこへ行くための切符を手にしている。
一気に駆け抜けた夢列車のような大会でした。

みんなに、たくさんの「ありがとう」「おめでとう」を言いたい。
しつこいくらい、何度も何度もくり返したい。

本当に本当にありがとう。
そして、本当に本当におめでとう。


そしてここからは、新たな挑戦が始まります。

メダルと狙う、と宣言した植田監督。そして選手のみんな。
ここからが、本番です!

頑張ってください!
そして、また、私たちに夢と感動を与えてくれることを、期待しています!

ガンバレ、日本!!

(2008年6月9日 水沢藍)
posted by 水沢藍 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男子バレー
  にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
   ネット体験談 総目次1
   ネット体験談 総目次2
   ネット体験談 総目次3
   カテゴリ別目次
    ・「パソコン関連」
    ・「ネット関連」
    ・「サイト作り関連」
    ・「さくら(ブログ)関連」
   ポイントサイト目次
   日記目次
   好きな曲紹介目次
   それぞれの目次ページに飛べます。他の記事をご覧になりたい時にご活用ください。

トップページへ戻る