にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
  にほんブログ村に登録しています!(^-^ )

2009年03月04日

学校唱歌

今日は、学校唱歌について。

わたしは子供の頃から歌が大好きで、それも学校で習う歌がホントに大好きで、新しい歌を習うと家に帰っては一日中歌っていました。

そしてまた姉も同じ性質だったため(笑)、新しい歌を習うと家で歌い続けるので、どちらかしか習っていない歌も自然と覚えて、二人とも歌えるようになりました。
姉が習った歌を私も習うときなどは、「もう歌える♪」と思ったものです(*´艸`*)

そのため、音楽の授業が大好きで、特に歌の授業は楽しくて仕方ありませんでした。
小学校のときは、次から次に新しい歌を習うし、歌の授業のときでない時間も、ウォーミングアップに必ず歌を歌うし、音楽以外の時間も、朝は必ず歌を歌いました。
そのどれもが、私にとって至福の時間でした。

しかし・・・
悲しいかな、そんな私の気持ちとは裏腹に、
私は音痴でした( ̄ー ̄°)

中学校に入った頃には、やっと自分に音楽的センスがないことに気がつき、歌うときに声が小さくなるようになってしまったものの、
それでも歌は大好きで、音痴がバレない大勢で歌うときなどは、実に気持ちよく歌っていました。

しかしさすがに歌のテストでひどい点を取ってしまうので、高校では美術を選択し、それ以降音楽を習うことはなくなりました。
(と言っても高1のときはうっかり音楽を選択、成績2を取ってしまいましたが)

それでも、音楽への未練を捨てきれずに、卒業間近の大掃除の日、同じクラスの音楽選択の子が捨てた音楽の教科書を、こっそりゴミ箱から拾って持って帰った私・・・(ゴミ箱に捨ててあるのを発見して、ついうっかり手が伸びた)

そんな私ですから、学校で習った歌というのに、ものすごい愛着があります。
今でも、小・中・高の校歌も歌えます。

あわてんぼうのサンタクロース
ありがとう・さようなら
歌えバンバン
ウンパッパ
大きな古時計
おぼろ月夜
気球にのってどこまでも
グリーングリーン
四季の歌
楽しいね
ドナドナ
友だちの歌
鳥と少年
冬景色
南の島のハメハメハ大王
もみじ
森のくまさん・・・

数え上げればキリがありません。
これ以外にもたくさんたくさんありますし、題名を忘れてしまった曲も、題名は何となく記憶にあるけど歌詞や曲を忘れてしまったものも。
合唱コンクールで歌った歌も大好きでした。
他のクラスが歌っていて、自分も歌いたかった曲がたくさんあります。


今でも・・・

ふと、学校唱歌を歌いたくなるときがあります。


子供の頃と違って、もう大きな声で歌うことはできませんが・・・

時折、鼻歌のように口ずさんだり、
声にはださねど口の中で歌ってみたり、
そんなことをしています。

今でも、胸に残る歌うときの気持ちよさと、
大好きだったたくさんの歌。
みんなの声が重なって、きれいだな、もっと聴いていたい、もっと歌っていたいなって、思った思い出。

懐かしいあの頃に、
心がときどき、かえります。


ネットを回ってみると、けっこう合唱曲のメロディーを載せているサイトがあって、驚きました。
私の好きな曲もいくつか見つかりました。
もし、私と同じように、懐かしい学校唱歌をもう一度聴きたいな・・・と思った方がいらっしゃいましたら、下記のサイトにお邪魔してみてはいかがでしょうか。

※音が鳴るので、夜間などは注意された方がいいかもしれません。

コーラス@ホーム
いまげのMIDIおもちゃ箱(思い出の合唱曲)
X's amusement campus(音楽「合唱曲MIDI」)

(2009年3月4日 水沢藍)
posted by 水沢藍 at 23:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月06日

テーブルのsummary(サマリー)属性

150. テーブルのsummary(サマリー)属性

2008年8月、サイト開設から1年が経った頃の体験談です。

サイトのソースの直しはまだまだ終わりません。

「はじめに」のプロフィールページのソースを直してなかったことに気がつき、直していたとき。

例によって「Another HTML-lint」で、ソースを採点したところ、

テーブルにはサマリー属性をつけるべき、という警告が出ました。

以前もこの警告は見たことがありましたが、
テーブルって何?
サマリー属性って何?

という状態で、

まあいいや、あとで・・・
と思ってるうちに調べることを忘れてました。


テーブルというのは要するに「表」のことだそうです。

なるほど、プロフィールページには表を使っています。
ちょっと大きいので一部だけ抜粋。

血液型B型
趣味マンガを読むこと。ゲーム。
バラエティー番組を見ること。
好きなもの青いもの。花。写真。

ソースは
<TABLE border="1">
<TBODY>
<TR>
<TD>血液型</TD>
<TD>B型</TD>
</TR>
<TR>
<TD>趣味</TD>
<TD>マンガを読むこと。ゲーム。<BR>
バラエティー番組を見ること。</TD>
</TR>
<TR>
<TD>好きなもの</TD>
<TD>青いもの。花。写真。</TD>
</TR>
</TBODY>
</TABLE>
</DIV>

・・・となっています。

サマリー属性とは、
「表の概要を示すもの」
だそうです。

つまり、この表で、何を表しているかということです。
上記の表の概要は、「藍のプロフィール」ですね。

これは、見た目で「表」だとわからない場合でも、何を表わしているのかを伝えることができる、という意味を持っています。
音声ブラウザなどを使っている人にも、表の概要を伝えられる、ということですね。

つまり、画像につけるオルト属性と同じようなもの・・・ということか!(゜o゜)

そして、このサマリー属性をどこに付ければいいかというと。

<TABLE border="1">
ここです。一行目。

ここに、summary="藍のプロフィール"を足します。

<TABLE border="1" summary="藍のプロフィール">

ビルダーでは自動で入れてもらえないので、
例によってプレビューページ右クリック「ソースの表示」のメモ帳に挿入。
(ページのプレビュー画面にて、右クリックをして「ソースの表示」を選択すると、ページのソースが書かれたメモ帳が出ます。
そこにプラスしたいタグなどを直接挿入し、保存することで、ページのソースを変えることができます)

これで、この表にサマリー属性を付けることができました。

ビルダーが完璧じゃない分、あとあと大変ではありますが、
色々勉強できてこれはこれでいいですね(^.^)
posted by 水沢藍 at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット体験談

2009年03月09日

表のセンタリング

151. 表のセンタリング

2008年8月、サイト開設から1年が経った頃の体験談です。

「Another HTML-lint」のソースの採点では、色々なことを知り、直すことができます。

タグとか、アクセシビリティとか、全然サッパリだった私も、このサイトによってたくさんのことを勉強することができました。
まだまだ勉強不足なところは山ほどありますけど。

さて、今回は<CENTER>タグを使うと出てくる警告。
<CENTER>はあまり薦められないタグです。< DIV ALIGN="CENTER">かスタイルシートを使いましょう。

スタイルシートは使えないので、
<P align="center">を使っていましたが、

ふと、あることに気がつきました。

テーブルを挟む
(表をセンタリングする)
ことができない!
Σ(゜Д゜;)


いや、表をセンタリングするのは、一応できることはできるようなのです。
表示上では。

しかし、<P align="center">の後テーブルタグを入れ、</P>で閉じると、

<TABLE>の前に</P>が省略されているとみなします。
<P>と</P>の間が空です。
</P>に対応する開始タグ<P>が見つかりません。

という警告が出てしまうのです。

<P>と</P>の間にテーブルタグを入れようとしても、「テーブルを入れた」ことにはならず、「カラ」扱いになってしまう。
そして、<P>と</P>はバラバラにされ、お互い「相手がいない」と警告されてしまうのです。

ビルダーではエラーが出て、その後自動的に修正されますが、修正されたものを見てみると、ラストの閉じる目的で入れてた</P>タグが消えているだけで、
結局、
<TABLE>の前に</P>が省略されているとみなします。
<P>と</P>の間が空です。

の警告はそのままです。

うう・・・なんとかして、テーブルを挟めるタグはないものか・・・

・・・・・
・・・・・・・・・・あれ?

<CENTER>はあまり薦められないタグです。< DIV ALIGN="CENTER">かスタイルシートを使いましょう。

・・・・・<DIV>?

ああっ、よく見たら、
<DIV ALIGN="CENTER">って書いてある!!

私今まで、センタリングや右・左寄せの指定はずっと
<P align="指定">を使ってましたよ。

<DIV>って何さ!?

・・・しかし、とりあえず
<P align="center">を<DIV align="center">に換え、

<DIV align="center">
<TABLE border="1" summary="表の概要">
(表)
</TABLE>
</DIV>


というソースに変更してみました。

見事、表がセンタリングされ、
上記警告も回避されましたヽ(´▽`)/


・・・でも、この<DIV>というタグと、
<P>タグ、どんな違いがあるのでしょうか?

次回はそれらのタグについて調べたことを、書いていきたいと思います。
posted by 水沢藍 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット体験談

2009年03月12日

<DIV>と<P>と<SPAN>について

152. <DIV>と<P>と<SPAN>について

2008年8月、サイト開設から1年が経った頃の体験談です。

さて、前回の記事で登場した、
テーブル(表)タグを挟めるタグ<DIV>と、
挟めないタグ<P>。

この二つの違いは、一体何なのでしょうか。

まずは、<DIV>タグについて調べてみました。

<DIV>というのは、それ自身が何かの意味を持ったタグではない、とのこと。

<DIV align="center">
(挟む部分)
</DIV>
のように、
<DIV>で挟んだ部分をセンタリングしたり、スタイルシートを適用したりするのに使うタグだそうです。

<P>は「段落」という意味を持ったタグですから、<DIV>とは違いますね。

ちなみに、<DIV>と同じように「それ自体に意味を持たず、それに何かの指定を足すことで、挟んだ部分にその意味を持たせる」タグとして、
<SPAN>というタグがあるそうです。

なぜわざわざ同じ用途のタグが二つあるのか?

それは、こちらのページで
HTMLのタグと要素
詳しく説明されていますが、

<DIV>「ブロック要素」として、
<SPAN>「インライン要素」として定義されているとのこと。

簡単に言うと、
「ブロック要素」はその前後に改行が入るもの
「インライン要素」は前後に改行が入らないもの、だそうです。

いくつか、例を挙げてみます。

ブロック要素(前後に改行が入る)
・DIV
・P(段落)
・H1(〜6)(見出し)
・BLOCKQUOTE(引用)
・TABLE(表)

・・・などなど

インライン要素(前後に改行が入らない)
・文字列
・SPAN
・STRONG(強調)
・IMG(画像)
・BR(改行)
・・・などなど

ちなみに、<P>は、インライン要素しか含めることができないとのことです。
なるほど、<TABLE>はブロック要素だから、それで<P>では挟めなかったんですね。
それに・・・よく考えてみるとテーブル、つまり表を段落にするということ自体、おかしかったかもしれません。

上記参考ページには、二つの要素の例がたくさん載っていますので、もっと詳しく知りたい方はそちらをご参考にどうぞ。
また、
HTMLリファレンス
こちらのページからは、様々なタグについてを調べることができます。
字も大きくて、とても見やすいです。

これらのページだけでなく、このサイトはとても役立つ情報が満載なので、HTMLを勉強したい方にはオススメです!
私もかなり勉強になりました(-^▽^-)
posted by 水沢藍 at 23:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | ネット体験談

2009年03月16日

藍の好きな曲「NOW AND THEN 〜失われた時を求めて〜」

お久しぶりの『藍の好きな曲紹介コーナー』です。

今回は、My Little Loverの「NOW AND THEN 〜失われた時を求めて〜」です。

これは、友達がカラオケで歌っているのを聴いて、
「これ、誰のなんて曲!? すっごくいい!!」
と思って買った曲です。

My Little Loverの曲は、実はこれしか知らないんですが・・・
というか、私どうも最近(1990年代後半辺りから)の曲はさっぱりで、特に横文字の(この言い方は^^;)歌手の方は覚えられず・・・
もしかしたら知ってる曲があるかもしれませんが、歌手と曲が結びつかないのです・・・トホホ。
せめてカタカナにしてくれー(笑)

さておき、この曲は大好きです。

曲調は静かで淡々としています。
歌詞も、どこか空虚で淡々とした中に、真っ直ぐ前を見つめている真摯さが溶け込んでいるような感じです。

どこか淋しくて、胸がきゅっと詰まる感じの曲なんだけど、ラストの歌詞にすごく惹かれます。

『そして 僕は生まれゆく時の中で
悲しさの仕草など 忘れてしまうのだろう

風を切るような スピードの中で』

心にぽかんと穴が開いたようなときでも、時は流れて、それらはいつかみんな思い出になっていく。
それがどんなに辛いことでも。
どんなに、時間はかかっても。

そして、いつの間にか過ぎて、振り返ると「あっという間」だったような気がする。
それこそ、「風を切るようなスピード」で。

そんな未来を、信じてるのかな。
待ってるのかも。

「悲しさの仕草」という表現も素敵ですね。
この曲は、淡々としたその雰囲気と、「言葉」が魅力です。

もし、この曲を知らない方で、聴く機会があったらぜひ、じっくりと聴いてみてください。
心の中に、すとんと落ちてくるような歌です。

(2009年3月16日 水沢藍)
posted by 水沢藍 at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 好きな曲紹介
  にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
   ネット体験談 総目次1
   ネット体験談 総目次2
   ネット体験談 総目次3
   カテゴリ別目次
    ・「パソコン関連」
    ・「ネット関連」
    ・「サイト作り関連」
    ・「さくら(ブログ)関連」
   ポイントサイト目次
   日記目次
   好きな曲紹介目次
   それぞれの目次ページに飛べます。他の記事をご覧になりたい時にご活用ください。

トップページへ戻る