にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
  にほんブログ村に登録しています!(^-^ )

2009年08月04日

検索結果に表示されないページその5

173.検索結果に表示されないページその5

※一部に、現在では意味のない古い情報も書いてあります。しかし、サイトの歴史として、一応残しています。

2009年1月〜7月までの体験談です。

なんだかんだで、ずっとグーグルでの検索結果を定期的に調べていましたが、
(「site:サイトのURL」で検索して)
表示されるページが、23ページが36ページになり、そのうち116ページになったので、
「おっヽ(゜∀゜)ノ」と思っていたら、
再び32ページに。

何これ?(T∇T)

12月9日64ページに増える。
12月15日36ページに戻る。
12月21日56ページ。
12月29日57ページ。
1月10日53ページ。

何が何やら。

と、思っていたら、あることを発見しました!

少し前から
http://www.xml-sitemaps.com/
こちらでサイトマップを作成していたので、

上部ソースは
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<urlset xmlns="http:/www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9"
xmlns:xsi="http:/www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation=
"http:/www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9
http:/www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9/
sitemap.xsd">
<!-- created with Free Online Sitemap Generator www.xml-sitemaps.com -->

となっており、(ここではhttp:/にしていますが実際は//です)

グーグル用サイトマップにあった
<urlset xmlns="http:/www.google.com/schemas/sitemap/0.84" xmlns:xsi="http:/www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
xsi:schemaLocation=

"http:/www.google.com/schemas/sitemap/0.84 http:/www.google.com/schemas/sitemap/0.84/
sitemap.xsd">
というソースが入っていませんでした。

なんかよく見たら、0.84と0.9、数字も違います。
(何の数字だかわからないけど)

グーグルロボット用とその他ロボット用と二つ作成するのが面倒だったので、
「一つに統一したサイトマップを作れる」と、どこかのサイトで紹介されていた上記サイトでマップを作るようにしていたのですが・・・

これが原因かもしれないと思い立ち、
やっぱりサイトマップを二つに分けることにしました。
ひとつは上記サイトで作った「その他ロボット用」、
ひとつはグーグルサイトマップ作成サイトで作った「グーグルロボット用」。


これでグーグルの検索結果に表示されるようになれば、これが原因だったことが判明します。

これが原因だといいんですが。(2009年1月)


・・・とか思ってたら、

なんと上記「グーグル用サイトマップで作成される上部ソース」が、いつの間にか変化していました!!(2009年5月に気がついた)

現在は、コレ。
(作成したロボット用サイトマップの上部ソース)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<urlset xmlns="http:/www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9" xmlns:xsi="http:/www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation=

"http:/www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9 http:/www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9/
sitemap.xsd">
あれれ?
これって、上記サイトで作ったサイトマップの上部ソースと同じですよ!!
いつの間に統一されたのよ!?
統一前に統一マップを送って、統一後に別々マップを送ってしまうなんて、なんて間が悪いんだ私・・・。

とにかく、慌てて自分のグーグル用のサイトマップの上部ソースを直す私。
うーん、いつから変わっていたんだろう・・・。
(やっぱり定期的に作成しないとダメですね;)

このときのインデックス状況は、やっぱり60ページ前後。

う〜〜〜〜ん。
もしかすると・・・・一度100ページ以上になったことを考えると・・・
もしかしたら、ですけど、こう考えられるかもしれません。

1.以前ちゃんとそれぞれのサイトマップを作っていた頃、グーグルサイトマップの効果で100ページを超えた。
2.その後めんどくさくてひとつに統一したが、その時はまだ、「その他」と「グーグル」の上部ソースが統一でなかった。
そのため、それが原因でグーグルサイトマップの効果は消え、再び30ページほどになった。
3.そしてまた二つに分けたが、その頃ちょうどグーグルのサイトマップの上部ソースが「その他」と統一ソースになった。
4.ところが私はその変更を知らず、以前の上部ソースのままだったから、再びグーグルサイトマップの効果は消え、現在も60前後のまま。

・・・あくまで仮説ですが。
うん、まったくの何の根拠もない仮説ですが(; ̄∇ ̄ )
これは、もう少し様子を見てみる必要がありそうです。
しかし、ということは・・・
今なら、ひとつに統一したサイトマップでもOKってことでしょうかね。
・・・わざわざ分けたのに・・・( ̄ー ̄°)


そして・・・
5月25日に気づいて直してから、2ヶ月。
7月24日には100ページを超えました。

やっぱりこれもひとつの原因だったような気がしてきました。


さて、次回の『検索結果に表示されないページ』記事は、もうしばらく後になると思います。
いろんなことをやっているし、ひとつのことで結果が出るのがすぐではないこともあって、
「これが一番効果ある」などの結論が出せないことが申し訳ないです。
でも、ひとつの実際の体験談として、何かの参考にでもなれば幸いです。
(間が悪かったりしてさらにわかりにくくなった体験談でホント申し訳ないですけど;)
posted by 水沢藍 at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット体験談

2009年08月11日

藍の好きな曲「渡良瀬橋」

お久しぶりの『藍の好きな曲紹介コーナー』。
今回は森高千里さんの「渡良瀬橋」。

この曲は、「雨」「私がオバさんになっても」などと並んで、結構有名な曲かもしれません。
とってもきれいで、私の大好きな曲です。

大好きな人と別れたあと、その思い出を温めているような曲。
別れたけれど、今もまだ忘れることができない・・・そんな感じ。
歌詞を書いたのは森高さん自身で、
私はこの曲を初めて聴いたとき、「なんて素敵な歌を書く人なんだろう」って、すごく感動しました。


私が特に好きな部分は、

『願い事一つ叶うなら あの頃に戻りたい』
というところと、

『なんども悩んだわ だけど私ここを
離れて暮らすこと出来ない』

というところ。

切なくて、胸の奥がきゅっとなる感じ。

この街を離れることができなくて、別れたけれど。
今も、思い出すのはこの街での彼との思い出。
「戻りたい」と強く願うほどに、
ずっと忘れられないまま・・・。

切ない歌詞が、静かでもの淋しい曲に乗って流れていきます。


そして、この曲の最大の魅力は、
『美しい街の描写』。

それがあるからこそ、
失恋の悲しさ、切なさと合わさって、
さらに「きれいな」曲になっていると思います。

目を閉じれば、歌詞の風景がそのまま目の前に広がるようです。
夕暮れの渡良瀬橋。
床屋の角の公衆電話。
夕日の落ちる、遠くの山々。

まるで、知っている風景のように。


確か、当時この「渡良瀬橋」のある町から、
「きれいな曲にしてくれてありがとう」って、感謝状みたいなのをもらっていたような気がします。
わかるなぁって思いました。
ホントにホントにきれいな曲ですもんね(*´▽`*)

もし、聴いたことがない方は、機会があったらぜひ聴いてみてください。
何度聴いても心に響く、とっても素敵な一曲です。

(2009年8月11日 水沢藍)
posted by 水沢藍 at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 好きな曲紹介

2009年08月18日

トロイの木馬

174.トロイの木馬

2009年1月、パソコン暦2年が過ぎた頃の体験談です。

マカフィーを入れてのんきにネットサーフィンなどをしていた毎日。
定期的に行うフルスキャンでも、ウィルスなどは検知されずに安心安全で過ごしていました。

このマカフィーセキュリティースイートの説明によると、ウィルスは自動的に検知、駆除されるとのこと。
しかしそういったこともないため、ウィルスの存在などあまり意識もせず来たのですが・・・

ある日、
「トロイの木馬が自動的にブロックされ、駆除されました」
というメッセージが。
自動的にブロックして駆除もしてくれるとは・・・
なんてお役立ちなんでしょうヽ(´▽`)/

・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・

・・・・ところで、

トロイの木馬って何?

確か以前、ウィルスの種類について調べたときに知ったような気もするんですが、もうすっかり忘れてしまいました。
うーん、日常的に接してないことはいつもすぐ忘れる・・・(=_=;)

そこで、この機会にもう一度お勉強。

『トロイの木馬』という名前は、
ギリシャ神話で、ギリシャがトロイと戦ったときに木馬を使って勝利したという話に由来しているとのこと。
そういえば、昔ギリシャ神話の本を読んだとき、そんな話が載ってた気がする・・・。

ギリシャ軍とトロイ軍の戦争が10年も続いたある日、ギリシャ軍の陣地が巨大な木馬を残してもぬけの殻に。
トロイ軍はギリシャ軍が逃げ出したと思って大喜び。巨大な木馬を戦利品として持ち帰り、勝利の宴を開催。
ところが夜中、酔いつぶれたトロイ軍の前に、大量のギリシャ軍が・・・。
実は、あの巨大な木馬の中には、ギリシャ軍の兵士たちが隠れていたのです。
こうして、トロイはあっけなく負けてしまったのでした・・・というお話。

『便利なものに見せかけて、実は脅威が潜んでいる』というところから、この名前が付けられたらしいです。

『トロイの木馬』は、不正プログラムの実行により、様々な被害をもたらすものだそうです。
それも、上記のように『便利なもの』『全く怪しく感じないもの』に見せかけて、ユーザーに疑わせずに実行させるらしいので、困りものですね。

『トロイの木馬』の種類によって、被害は、パスワードを盗まれたり、パソコンの設定を勝手に変えられたりと、様々。とにかく大変な目に遭うようです(>_<)

CD-ROMなどに組み込まれたりしていることもあるようなので、場合によっては、OSの自動再生の設定をOFFにするなどの対策が必要とのこと。
(CD-ROMやUSBメモリなどの外部メディアを使用しない人にとっては、関係ありません)

「自動再生」というのは、例えば音楽CDをドライブに挿入すると、即座にCDプレーヤーが起動、曲が再生される・・・というような、プログラムの自動実行機能です。
これはとても便利な一方で、セキュリティ面での弊害もあります。
もしウィルスが組み込まれたCD-ROMをドライブに挿入したら・・・ウィルスのプログラムも自動実行されてしまい、大変なことになります。
そのため、多少不便でもOFFにした方がいい・・・との考えもあるようです。

〜CDやUSBメモリの自動再生をOFFにする方法〜
(WindowsXP Home Editionの場合)

ひとつは、「Shift」キーを押しながらCDをCD-ROMドライブ(USBメモリをUSBポート)に挿入する、という方法。

もうひとつは、「マイコンピュータ」内の各ドライブ(DVD-RAMドライブなど)を右クリック、「プロパティ」を選択。
「自動再生」タブ「動作」から「何もしない」を選択する
方法。
ちなみに、「自動再生」タブにあるプルダウンメニュー(「音楽ファイル」「画像」「ビデオファイル」「混在したコンテンツ」など)それぞれに、「何もしない」を設定する必要があります。

USBメモリは、ポートに挿入すると「マイコンピュータ」に追加されるので、追加された「リムーバブルディスク」を右クリック、同様の設定を行います。
デフォルトでは自動再生がONになっているので、
最初はまず「Shift」キーを押しながら挿入、したらすぐに「マイコンピュータ」で上記設定をする、というのがいいかもしれません。

また、こちらにUSBから感染するウィルスの特徴や被害内容、対策などについて詳しく載っているので、ご参考にしてください。
外部記憶メディアのセキュリティ対策を再確認しよう!

また別の方法として、
レジストリをいじって設定を変える方法というのを載せているブログもありました。
自動再生をオフにする
私にはチンプンカンプンですが・・・(^_^;)
しかし、「初心者がレジストリをいじるのは危険」と色々なところに書いてあるので、実行するのは、多少レジストリについて勉強してからの方がいいかもしれません。
また、もし上記ブログを参考にして挑戦する場合は、まずバックアップを取ってからにした方がいいとも思います。


自動再生をOFFにしたら、CD-ROMなどを挿入した際、プログラムは自分で実行することになるわけですが、そのまま実行したのでは意味がありません。
プログラムを実行する前に、セキュリティーソフトでウィルスチェックをして、異常がないことを確認してから実行すること・・・だそうです。それはそうですよね(^_^;)

うーん、なんだか色々難しいですね・・・。
ともあれ、一番はやっぱりセキュリティーソフトの導入ですね!
セキュリティーソフトは万能ではないですが、導入している人としていない人とでは感染率が違うのは明らかだと思います。

ウィルスはこの他にも色々な種類があって、手口も被害も様々です。
自分だけでブロックできることは限られているし、いつでも気を張り詰めてはいられないけれど、その隙をつかれることもあるのだと思います。
その穴を埋めてくれるのが、そういうセキュリティーソフトだと思うので、忘れないようにしっかりと導入していきたいですね。
そうだ、更新時期も忘れないようにしなきゃ!
posted by 水沢藍 at 22:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | ネット体験談

2009年08月25日

思い出の本との再会・・・は遠かった

175.思い出の本との再会・・・は遠かった

2009年2月、パソコン暦2年が過ぎた頃の体験談です。

私には、小学4年生の頃、とても大好きだった本がありました。

あれは4年生になり、教室も変わって、学級文庫も新しくなった頃のこと。
私の学校では、毎週火曜日だったか木曜日だったかの朝、15分間読書をする決まりがありました。
私はこの時間が好きでした。

その中で、私は一冊の本に出逢いました。

その本は、「月の輪グマ」という本でした。
しかし私は、「月の輪グマ」という話が好きだったのではありません。
その本には、「月の輪グマ」と、それからもうひとつの話が載っていました。
私は、そちらの話が大好きだったのです。

その話は、シェパードの「ナチ」という犬が主人公の話でした。
島で飼われていた軍用犬のシェパードたちが、戦争で負けた兵士におきざりにされ、やがて島に棲みつく野犬に襲われて全滅します。「ナチ」だけを残して。
独りになった「ナチ」は、野犬や部落の人間から逃げながら生き延び、そのうち野犬の頭になりますが、一頭のイノシシと若い野犬との戦いでその座を追われ、再び独りになります。・・・そんなお話でした。

毎週、毎週、私はそのお話を読み続けました。
15分では読み終わらないので、2回、3回に分けて読みます。
読み終わる頃には2、3週間経っているので、また最初から読みたくなります。
そうやって、何度も何度もくり返しそのお話を読み続け、とうとう一年間、その本だけを読んで過ごしました。

あの頃は子供でした。
その本が「月の輪グマ」という本だということは、いつも手に取る背表紙に書いてあるので知っていますが、そのお話がなんという題名かということは、あまり気にしていませんでした。
私が好きなのは、お話の内容であって、題名ではなかったからです。

そして、今はすぐ手の届く位置にその本があるけど、
5年生になったらもう読めなくなるということ、
そして、やがて時が経ってまた読みたくなっても、もう読めないのだということを、全く考えませんでした。

その本が、どこの出版社から出ていて、誰が書いた本なのか。
そういうことに全く興味を持たなかった小学4年の私を悔やむことになるのは、もう少し先のことでした。


高校生くらいになって、私はふと、この本のことを思い出しました。
「あの話は、何ていう話だったんだろう・・・」
「もう一度、読みたいな・・・」

でも、もう、ほとんど覚えていません。
覚えているのは、それが「月の輪グマ」という本の中に入っていた別の話だということと、主人公がシェパード犬の「ナチ」だったということ、
そして、断片的な内容だけです。

その本は、ハードカバーで、1ページが上下の段に分かれていました。
だから字がそこそこ小さく、いかにも「高学年用」といった感じでした。そんなところも、高学年になってすぐの私には、ちょっと嬉しかったのではと思います。
そしてかなり傷んでいた記憶がありました。ページの糸がほつれて、数ページは本と離れてしまっていました。

これらのことから、この本はかなり古い本なのではと思い、古本屋をめぐってみたのですが、見つけることができませんでした。
その時は、それ以上探す手立てもなかったため、それで終わりでした。


やがて大人になった頃。
再び私はその本のことが気にかかり、古本で有名な「東京・神田」に行ってみることにしました。
どこを見ても、書店、書店、書店・・・・すごい、ここならきっと!

一店一店、目に付いた書店に入り、「月の輪グマ」という本があるかどうか、聞いて回りました。
しかし、「著者は?」「出版社は?」と聞かれてもサッパリわからないので、なかなか見つかりません。
たまに「月の輪グマ」という本が見つかっても、私の記憶の中の本とは違っていたり、「月の輪グマ」という話だけが載っている本だったりと、どれもこれも目当てのものではありませんでした。

数十店めぐったところで時間もなくなり、あきらめて帰ることにしました。
ここまで来たのに・・・と、かなりガッカリしたものです。


それからしばらく。
我が家にパソコンがやってきました。

私は、あっと思い、早速あの話について調べてみることにしました。

すると、簡単に、あの話が「王者の座」というタイトルだということが、わかったのです。
著者は椋鳩十という方で、児童文学で有名な方のようです。

検索で、こんなに簡単にあの話にたどりつけるなんて・・・・
私は感動しました。

そしてさらに調べると、月の輪グマと共に王者の座が入っている本は、二冊ありました。
一冊は4つの話が載っていたため、別物だとすぐにわかりましたが、残る一冊も、表紙の感じがどうも私の記憶の中のものとは違っています。

しかし、なにぶん子供の頃だし記憶違いがあってもおかしくないと、その本を購入することに決めたのですが、購入にはクレジットカードが必要で、クレジットカードが苦手な私は持っていないし作る気もなかったため、またしてもあきらめるしかありませんでした。


やがて。
さらに時が経ち・・・
とうとう、銀行振り込みでその本を買えるサイトを発見しました。

4年生から高校生、大人になって古本屋めぐりをしたり、ネットでタイトルがわかっても買えなかったり、ずいぶんと遠回りをしてしまいましたが、
ついに、私はその本を手にすることができたのです。

が。

届いた本を見て、私はがく然としました。

違うのです。

私が子供の頃読んで、いたく気に入ったあの本と、
買った本は、違っていたのです。

たしかに、「月の輪グマ」という表題、「王者の座」が入っています。
しかし、1ページが上下の段に分かれていることもなく、大きな字で、子供向けに書かれた文体は・・・あの頃のものとは、かけ離れていました。

読んでみましたが、子供の頃読んだときの気持ちは、全くよみがえってきません。

「これは、別の本だ!」
「私が読みたいのは、これじゃない!」

ショックを受けつつも、再び検索で探しました。
あの話の完全版は、一体何で読めるのかと。

そして、見つけました。
「野犬シリーズ」3部作が載った、「孤島の野犬」という文庫。
そのうちのひとつが、あの「王者の座」です。

私は再び本を注文。
やっと手元に届いた本は、ボロボロで、黄ばんで、まさに古本という感じでした。

さて、中を開いて見ると・・・

なんてことでしょう。

先日見たばかりの、
子供向け「王者の座」と、
文体が同じでした。

・・・・・・・・・・・(゜ロ゜)

考えてみれば、当たり前だったかもしれません。
著者は同じだし、勝手に文体を子供向けに変えて出版するなど、普通しないでしょうし。
しかし、先日買った本は、私が子供の頃感じていた感覚とあまりにかけ離れていたため、違う本だと思ってしまったのです。

子供の感覚と、大人の感覚が、
こうまで違っていたのかと思うと、それはそれで、複雑な気持ちです。


しかし・・・

最初は「同じ本を二冊も買っちゃった・・・」と呆然としたものの、
こちらの文庫の方で読んでみたら、その文体も特に気になりませんでした。

そして二度読みしてみたら、
あの、子供の頃に読んでいた感覚がふと、よみがえってきました。

そして、ああ、やっぱり。
やっぱり私、この話好きだった・・・と、
なんだか、しみじみと、感じました。

長年のブランクによって感覚のズレはあったものの、
やっぱり好きだったものは、大人になっても好きだった気持ちを忘れることはないんだなあと感じます。
そして、やっぱり買ってよかったと思いました。

けれど、やっぱり、最初に買った方の本は、今見てもイメージが違いすぎて、入り込めません。
内容や文体は同じでも、字の大きさ、行の空き具合が、4年生の頃見たものとあまりに違いすぎるからだと思いました。


本屋で手にとって見ることができていたら、それが違うものだとすぐにわかったでしょう。
手にとって見ることができない、ネットショッピングの落とし穴がここにあります。

しかし、10年以上も欲しくて探して見つからなかった本が、調べたらすぐに見つかり、
こうして買うこともできたのも、ネットのおかげです。

そして今、私は二冊の本を手に入れて・・・
ガッカリしているか、喜んでいるかといえば、

とっても嬉しいのです。

すべてがうまくいかなくても・・・
やっぱり、パソコンを買ってよかったな、と感じるのは、こういうときだと思います。

だからこれからも、
私は、パソコンをなるべく上手に使っていきたいと考えています。
ありがちな、たくさんの落とし穴に気をつけながら・・・(^ ^;)
posted by 水沢藍 at 22:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | ネット体験談

2009年08月29日

ショートカットキーについて

176.ショートカットキーについて

2009年2月、パソコン暦2年が過ぎた頃の体験談です。

『ショートカットキー』というのは、キーボードだけを使って、パソコンのいろんな操作を行えるようにした機能です。
例えば、文書作成中に入力した文字をカタカナに変換したい場合、「変換」キーではなく「F7」を押せば、一回で文字をカタカナに変換することが出来ます。

こういう『ショートカットキー』を上手く使えば、
マウスを動かして指定の場所をクリック、さらにクリック・・・といった手間のかかる作業も、キーをひとつポンと叩けばできてしまうということもあるわけで、
作業時間を大幅に短縮できるため、使う人はかなり便利に使っているようです。

が、私にはひとつ心配なことがあり、それゆえにショートカットキーはほとんど使っておりませんでした。

それは、
ショートカットキーを覚えられない
ということ。

マウスでメニューバーからメニューをクリック、ずらりと出てきた一覧からさらにクリック・・・という作業も、常にめんどくさいと思いながらやっているわけではないので、むしろ一からショートカットキーを覚えるより、よっぽど簡単じゃないかと思っていました。

が、例えばCtrlキー+Altキー+Deleteキーで表示される「タスクマネージャ」。
これは、私は本当によく表示させるものなのですが、これをショートカットキーではなく表示させるには、タスクバーの開いているところで右クリック、一覧から「タスクマネージャ」を選択、クリックします。
でも私は常にタスクバーがいっぱいなので、空いているところはほんの端っこです。
そこまでマウスを動かし、さらに一覧から「タスクマネージャ」を選ぶ・・・
たいした違いではなくても、やっぱりショートカットキーの方が速いし、そちらを覚えてしまった今となっては、わざわざタスクバー右クリックでタスクマネージャを出そうとは思いません。

つまり、覚えてしまえば、やっぱりショートカットキーの方が便利だ、ということなのです。


先日、私はいつもお世話になっている方から、
「便利だよ」と、いくつかのショートカットキーを教えていただきました。

ショートカットキーはどうせ覚えられないからと思い、全然調べることもしていなかった私でしたが、せっかくだから・・・と、それらを試してみることにしました。

箇条書きでご紹介いただいてとっても見やすかったので、ほとんどそのまま載せさせていただきました。

1.Winキー+Mすべて最小化 Winキー+Shift+M戻し
2.Winキー+Dすべて最小化&戻し(見るだけ。戻る前にほかの作業をすると戻りません)
3.Winキー+Eマイコンピュータ(エクスプローラー)
4.Winキー+U終了選択(休止・スタンバイ・電源を切る・再起動)
*何も立ち上げていなければAlt+F4のほうが早いです。
5.アプリケーションキー()=現在のウィンドウまたは選択されているものの右クリック。
6.Alt+Tab開いているファイルの切り替えですが、一つしかファイルを立ち上げていないけれど最小化しているときや、なんらかの原因でファイルが隠れてしまったときにも。
7.Alt+スペース+N最小化 R元サイズ X最大化
8.その他一般
Enterクリック
  BackSpaceひとつ上の階層フォルダへ
  Deleteゴミ箱へ
  Shift+Dleteゴミ箱を経由せず即完全削除
  Ctrl+Z作業の戻し、取り消し
Alt+各アプリのメニューバー項目のアルファベットその項目のメニューが開く
(例えばメモ帳のメニューバーなら、ファイル(F)編集(E)など。Alt+Fで「ファイル」メニューが開く)
Ctrl+Cコピー
    +V貼り付け
    +X切り取り
    +A全て選択
    +S上書き保存
    +Wウィンドウを閉じる
Alt+F4終了
複数のWordをまとめて保存したいときや、まとめて終了したいとき
Shiftを押しながらメニューバーの「ファイル」から「すべて保存」や「全て閉じる」を選択
Altキーを押したまま、アイコンをそのフォルダの下方にドラッグドロップするショートカットアイコン作成

ずいぶんたくさんありますね(;´∇` )
一度に覚えるのは無理なので、この中からよく使いそうなものを選んで、まずは使ってみることにします。

Windowsボタンについては、こちらのページでもわかりやすく説明されています。
[Windows]キーを使いこなす


そして、便利なショートカットキーの設定方法も教えてもらいました!
これは、本当に便利です。

よく使うソフト・フォルダ・ファイルなどを、キーボードから開けるように、ショートカットキーをそれぞれに割り当てる設定方法です。
深い階層にあってよく使うものに設定すると、キーをポンと叩くだけで起動させられるので、かなり便利です。
こちらも、わかりやすい説明をいただきましたので、ほぼそのまま載せさせていただきます♪

1.スタートボタンを右クリック⇒エクスプローラ(X)クリック、スタートメニューを開きます。
 フォルダ内のプログラムフォルダを開き、そこに(キーボードショートカットなどの名前で)新しいフォルダをつくっておきます。
2.キーボードから開きたい(ショートカットキーですぐに起動させたい)アプリケーションソフトやフォルダやファイルのショートカットアイコンをつくります。
それを1でつくったフォルダ内に移動させます。
(ショートカットアイコンは、上記のAltを押したままアイコンをドラッグドロップの方法で作るほか、右クリックからも作れます)
3.移動させたショートカットアイコンのプロパティを右クリックから開いて、「ショートカット」タブにある「ショートカットキー」のボックスをクリックして、カーソルを表示します。
キーボードのキーから、割り当てたい数字かアルファベットか記号を入力します。
すると自動的にAlt+Ctrl+入力したキーの表示になるので、「OK」で閉じます。
(*先に設定をしてから移動させたのでは、×です

これで、Alt+Ctrl+設定したキーで、目当てのソフト・フォルダ・ファイルをキーボードから開けるようになります。

ちなみに、設定を取り消す場合は、
3の「ショートカットキー」のボックスでバックスペースキーを押すと「なし」に戻ります。
また、キーを設定したショートカットアイコンを削除するときには、ゴミ箱に留めず完全に削除する方がいいとのことです。
そのキーで新しい設定する際に混乱が生じる可能性があるかも?なので。

使える(割り当てられる)キーについても、説明をいただきました。

ほとんどの入力キーが使えます。
Windowsにあらかじめ備わっているものですので、アプリのほうが重複を避けています。
ですが例外もありますので、設定する前にそのキーが使われていないかを一応試してみるといいと思います。
(FMVのパソコンなどにプリインストールされているPower Utility〔LANやタイマーなどに関する機能〕をもしお使いでしたら、OとSはデフォルトでこの操作に当てられていて、特にOはこれを実行すると「おやすみディスプレー」が起動してしまい、パソコンの操作をなにもしないまま一定時間が過ぎるとデスクトップが「おやすみ」してしまいます。解除は同じキー操作をもう一度でOKです)
●Alt+ファンクションキーも使えますが、これは多くのアプリで使われていますので使わないほうが無難かと思います。
またXP以前のOSではたとえばShiftを組み合わせたりもできていたようですが、XPでは誤動作を防ぐために今のように限定させているようです。
WordやExcelのファイルは、このルートで開くと若干時間がかかります(なので、それの入っているフォルダの方を割り当てています)。
*数字キーや@は覚えやすいような気がします。アプリならその頭文字を当てるのもよいかも。数字・アルファベット・記号で開くものの種類を分けたりしてもいいかもしれません。

OSがXPでないと話が少しずつ違ってきます・・・とのことですが、私と同じくXPを使っている方には、とても参考になると思います。
とても詳しく教えていただいたので、私にも何とか理解できましたε=(´▽`;)

私は今のところ、一つのソフトと二つのフォルダに、この設定でキーを割り当てています。
ひとつは姉の使っているフォルダなので、姉のイニシャルを割り当てました。うん、これは覚えやすい!(姉もすぐに覚えたようです)


さらに、もひとつアドバイスいただきました。

*キーボードショートカットを使っていると、ポインタの設定を以下のようにしておくとなにかと便利です。 
コントロールパネル⇒マウス⇒ポインタオプション⇒ポインタを自動的に既定のボタン上に移動する
(こうしておくと、ボックスが出たとき即EnterでOK。選択を変えるときは←→で移動)

マウスをあまり使わない場合(作業をスムーズに行いたい場合)には、特に便利かもしれませんね。
私なんかマウスが染み付いちゃってるから、ポインタが移動してしまうとそこからさらに移動させちゃったりして(^_^;)
慣れるまではちょい大変かもです。


ショートカットキーは、初心者の方にはちょっと敷居が高いものかもしれません。
私のように、最初から「あ、無理だー」と思ってしまっている方も多いのではないでしょうか。
そして、そう思ってしまうと、「そろそろ使おうかな」と思うこともないまま、過ぎてしまいます。

私の場合、全く覚える気のなかったショートカットキーを、少し使ってみようかなと思うようになったのは、教えていただいたからです。
「せっかく教えてもらったんだし・・・ちょっと使ってみようかな」と。

きっかけというのは、そういうところからかもしれません。

「ショートカットキー・・・覚えられないし、今のままでいいや」と思っても、使ってみれば、案外簡単に覚えられるキーもあります。
使用頻度の高いものは、勝手に覚えてしまいます。
そして、覚えてしまえばやっぱり、かなり便利です。

まずは、自分にとって「これは使える!」と思ったものを一つ、二つだけ、始めてみてはいかがでしょうか。
一度に全部ではなく、「これは使えそうだ」と思った一つ、二つだけ。
実際、私も色々教えてもらいましたが、使ってみたのはまだ一部だけです(^−^;)

ショートカットキーはネットで調べてみても色々見つかりますが、一覧を見ても数が多すぎて、「やっぱり無理」と思ってしまいがちです。
でも、それら全部を使う人もいれば、自分の環境ならこれは必要ないな、というキーもたくさんあります。
自分にとって便利なキーだけなら、きっと使っているうち覚えていけると思います。

そして、覚えたら。
今度はその「環境」を広げていくのも、いいかもしれませんね。
そして広げた環境で、新たに、便利に使えるショートカットキーを覚える・・・なんていうのも、いいかもしれません♪
(夢は大きく果てしなく・・・)

私がきっかけをいただいたように、
今度はこの記事がどなたかのきっかけになったら、とても嬉しいなと思います。
posted by 水沢藍 at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット体験談
  にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
   ネット体験談 総目次1
   ネット体験談 総目次2
   ネット体験談 総目次3
   カテゴリ別目次
    ・「パソコン関連」
    ・「ネット関連」
    ・「サイト作り関連」
    ・「さくら(ブログ)関連」
   ポイントサイト目次
   日記目次
   好きな曲紹介目次
   それぞれの目次ページに飛べます。他の記事をご覧になりたい時にご活用ください。

トップページへ戻る