にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
  にほんブログ村に登録しています!(^-^ )

2009年11月01日

男子フィギュア「グランプリシリーズ2009」中国大会

グランプリシリーズ3戦目。
なんと、中国大会はショートプログラムもエキシビションも放送なしという事態!!(>_<)
いくら真央ちゃんも美姫ちゃんも出場しないからって、前回1位を獲った織田選手がいるのに、この扱いは・・・。

ともあれ、日本の出場選手は織田信成選手
前回1位だっただけに、期待も高まりますね♪

放送されたのは、アメリカのエヴァン・ライザチェック選手と織田選手、そしてロシアのセルゲイ・ボロノフ選手

まずはライザチェック選手
相変わらずの細身・長身で、演技がダイナミックで映えますね〜。
ちょっとジャンプが危ないシーンがいくつかありましたが、スピンやステップはさすがの演技。
特に終盤、ストレートラインステップの豪快さはすごかったです。
あと、しゃがんで片足を伸ばした状態でのスピン(名称はわからない)を彼がやるとき、いつも「足長いな〜」と思ってしまいますね(;´∇` )

そしてボロノフ選手
なかなかのハンサムで「おっ」と思ったのですが、ちょっと失敗が目立ってしまったように思います。残念ながら、ライザチェック選手を抜くことはできませんでした。
でも、4回転を決めてきたり、ハッとするシーンもありました。
まだまだ若いので、これからに期待が持てる選手ですね!(*^▽^*)

ラストは織田選手
一回ジャンプが抜けてしまった場面もありましたが、何と言ってもジャンプがきれいですね。
ステップもコミカルな曲調によく合っていたように思います。
大きなミスも上記ジャンプ以外はなく、かなりいい演技でした(=´∇`=)

そして結果は織田選手が1位
これにより、グランプリファイナル出場一番乗りを決めました!


次回は日本大会(NHK杯)。
高橋選手と小塚選手も、ぜひ織田選手に続いてほしいですね!
そして、グランプリファイナル半分日本人!?・・・なんてね。

ああ・・・プルシェンコにも出てほしかったけど・・・。
ジュベールとか、ジョニーとかにも出てほしい・・・(よくばり)
うーん・・・どうなるかわかりませんが、とにかく楽しんで見させていただきたいと思います♪

ただ・・・
今回、このような放送の仕方をされたことで・・・
今後の放送も、かなり不安です。
放送が深夜になるのはいいとして、ショートやエキシビションを飛ばさないでほしい!!

頼みますっ!!m(>_<)m
posted by 水沢藍 at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男子フィギュア

2009年11月09日

男子フィギュア「グランプリシリーズ2009」NHK杯

グランプリシリーズ4戦目。
日本大会(NHK杯)です。

日本の出場選手は高橋大輔選手小塚崇彦選手村上大介選手

ショート・フリー合わせて、日本選手3人、ロシアのアルテム・ボロドゥリン選手、アメリカのジョニー・ウィアー選手ジェレミー・アボット選手、チェコのミハル・ブレジナ選手、フランスのブライアン・ジュベール選手の演技が放映されました。

村上選手は初めて見る選手でした。
フリーでは見ることができませんでしたが・・・
シニアになってまだ間もない若い選手のようで、これからに期待です!

ロシアのボロドゥリン選手は、ちょっと調子悪かったみたいですね。
この選手もまだ若い選手とのことで、これからどんどん上手になっていくのではないでしょうか!

そして、とうとう、高橋選手の登場です!!(*^▽^*)
怪我から復帰した第一戦は外国で行われた試合だったためテレビ放映はされなかったので、私たちにとってはこれが復帰第一戦のようなものです。
かたずをのんで見守りましたよ〜。

ショートプログラムでは高橋選手にしては珍しい、ステップでの転倒があり、ちょっとビックリしてしまいました。
そして、フリーでも、2回の転倒・・・。
でも、高橋選手がリンクに帰ってきた!!ってことが何よりも嬉しかったので、今回はこれで十分です。
2回の転倒も跳ね除けて、フリーでの順位は4位、総合でも4位に位置したのは本当にすごいです。
完全な復帰が難しいという箇所の怪我をしてしまったとのことですが・・・短期間でここまで滑れるようになったのには、大変なリハビリの苦労があったのだと思います。
今後も、怪我や病気には気をつけて、私たちに夢を与え続けてほしいですね(*´▽`*)

小塚選手も、ショートでちょっとジャンプ失敗してしまいました。
フリーでも、ジャンプで2回の転倒。
小塚選手らしい演技が見られなかったのは、残念でした。
でも、彼は著しい成長が見られる選手なので、我が家では期待の星です。
オリンピックは3枠ということで、織田選手、高橋選手と、おそらく小塚選手が出場するのでは・・・と思います。頑張ってほしいですね!(^-^ )

アボット選手は、ショートで素晴らしい演技を見せてくれました!
大きなミスはなく、ジャンプも安定して、ステップやスピンもキレイでした。
これはフリーも楽しみ♪と思っていたのですが・・・
なぜだか、フリーは絶不調(゜Д゜|||)
3回も転倒してしまい、ジャンプがほとんど失敗してしまいました・・・。

フリーではチェコのミハル・ブレジナ選手の演技も見られました。
ショートでは6位だったらしいのですが、フリーで大躍進。
ジャンプがキレイな選手でしたね。
今後脅威になってくる選手かもしれません!

ジョニーはショート・フリー共に大きなミスなく、とてもキレイな演技でした(*´▽`*)
ジャンプでちょっと危ないシーンはありましたが、転倒もなく、彼らしい素敵な雰囲気で、堪能させていただきました〜。

そしてジュベール♪♪
相変わらず素敵だ〜〜〜(>v<)
ノーミスではなかったけれど、彼のトレードマーク4回転も成功させ、素晴らしいステップとダイナミックな演技を見せてもらいました!!
ショートでもフリーでも「コレは1位だな!」という演技だったので、優勝は当然・・・という感じでしたね!

エキシビションは、初めての高橋選手の演技♪
綺麗な曲によく合ったキレイな演技で、とてもよかったです。

他の選手は以前の大会で見た演技でしたが、いいものは何度見てもいいですね(*´v`*)
しかし、3位に入ったブレジナ選手の演技も見せてほしかったですが。
エキシビションは女子・男子シングル、ペア、アイスダンスとたくさんやるのだから、もう少し時間とって放映してほしいものです。

しかしNHK杯は、強敵ぞろいの試合でしたね〜。
その分見ごたえもあったけど、日本選手が順位を落としてしまったのはちょっと残念でした。
でも、完璧な演技なら彼らに負けないくらいいいと思うので、高橋選手には、次の試合頑張ってほしいです!
応援してます!!
posted by 水沢藍 at 21:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 男子フィギュア

2009年11月11日

さくらのブログ−エクスポートの落とし穴−

184.さくらのブログ−エクスポートの落とし穴−

2009年6月、パソコン暦2年半が過ぎた頃の体験談です。

さくらのブログには、「インポート」「エクスポート」という機能があります。
以前の記事でも書きましたが、インポートは「データの読み込み」エクスポートは「データの書き出し」を行う機能です。

記事のバックアップは、この「エクスポート」を使って行います。
もし何らかの事情でデータが消えても、エクスポートしたデータをインポートすることで、記事データが復活します。

いつ何があるかわからないので、定期的にデータのエクスポートを行うことにしています。

「記事投稿」タブの「インポート/エクスポート」メニューをクリック。
上部はインポート、下部はエクスポートが実行できる画面です。
エクスポートは、ブログの文字コードを選択、取得範囲(データを書き出したい時期)を選択、そしてコメントやトラックバックのデータも含めてエクスポートするかどうかを選択、でOKです。

文字コードは、自分のブログをブラウザで表示、右クリックメニューの「エンコード」でわかります。
私の場合は「日本語(シフト JIS)」なので、Shift_JISを選択します。

そして取得範囲
ひと月単位でエクスポートできるようになっています。
また、「すべて」という項目もあり、これは今までの記事全てを一度に書き出す場合に選ぶもののようです。

私はこれまで、いちいちひと月単位で書き出すのが面倒だと思い、「すべて」を選択しておりました。
これだと、一度に全部をエクスポートできるし、上書きも一度ですむので手間要らずだからです。

が。
とんでもないことが発覚しました。

「すべて」がいつの間にかできなくなるということです。

いつものようにエクスポートしようとして「すべて」を選択、エクスポートボタンをクリックしたら、突然のエラー。
どうやら「記事件数が多すぎる」ということらしいです。

つまり、記事件数が多いと一度にエクスポートは出来ないようなのです。

よく見たら、「取得範囲」のヘルプに「記事数が多い場合は月単位でエクスポートを行ってください」って書いてあった・・・・・・。
な、なんてこった・・・・・・・・・。
「?」マークをクリックすると表示されるのですが、使い方がわからないもの以外は「?」マークをいちいちチェックしていなかったことがあだとなったようです。

「すべて」が使えないなんて・・・・・!!!

ものすっっっごく困ります。

何しろ、私のブログは、記事によっては「直し」を必要とするのです。
例えばポイントサイトの記事はサイト改編に伴って変わりますし、
ネット体験談の記事も、そのときの状況では最善の方法を書いていても、のちのちもっと便利なやり方などを発見することもあります。
その場合、もとの記事に、新たな記事へのリンクを張る作業があります。古い記事を閲覧した方が、新しい記事も参照できるようにするためです。

それらの作業は、イコール記事の書き直し(追加)ということになり、以前エクスポートしたデータには記されていないので、再びエクスポート、上書きする必要があります。
その際、いつ投稿した記事か、をいちいち調べ、その期間のものをそれぞれにいちいちエクスポート、というのは非常に面倒なのです。
だから、「すべて」は本当に重宝していた訳です。

それがまさか、こんなことになるとは・・・。

結局、一ヵ月ごとのエクスポートに加えて、書き直した記事に当たる期間のエクスポートをいちいちしなければならなくなりました。
うぅ・・・めんどくさい(TロT)

記事数が多い人は、最初から月単位でのエクスポートをオススメします。
後でほんっとにめんどくさいので・・・。

ちなみに、異なる期間のデータをエクスポートしようとしても、デフォルトのファイル名が同じなので、間違って上書きしないように注意が必要です。

例えば2009年11月のデータをエクスポートすることにすると、保存先のフォルダを選び、そのまま「保存」で「mtarchive-aiblog.log」というファイルが、任意のフォルダに保存されます。これが、2009年11月のデータです。
次に2009年10月のデータをエクスポート。任意のフォルダを選び、「保存」。すると、「すでに存在します。上書きしますか?」というメッセージが。
そう、2009年10月のデータも、デフォルトのファイル名は「mtarchive-aiblog.log」なのです。もちろん、9月も8月も2008年のデータも同じです。

つまり、エクスポートするファイル名は、自分でいつの時期のデータか、わかるように変更する必要があります。

ああ・・・しかし、面倒くさい。(何度もしつこい)
「すべて」が無理でも、せめて半年とか、1年単位で書き出せればな・・・(・ω・`*)
posted by 水沢藍 at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット体験談

2009年11月18日

男子フィギュア「グランプリシリーズ2009」アメリカ大会

グランプリシリーズ5戦目。
アメリカ大会です。

日本からは、南里康晴選手
そしてアメリカ、エヴァン・ライザチェック選手チェコのトマシュ・ベルネル選手も出場。

ショートは飛ばされたので、フリーではおそらくこの3人を映して終わりだろう・・・と思っていたら、
なんと映されたのは南里選手、そして次にカナダのショーン・ソーヤー選手
初めて見る選手で、さらにショートでは5位。
映すということは、この選手が2位?
あれれ?ベルネルは?と思ったら・・・次がショート1位のライザチェックで、やはり3人で終わりでした。

ううん・・・どうやら、ベルネルは失敗してしまったようですね。
順意表が出たので見てみると、ベルネルはショートで大失敗していて、11位スタートだったみたいです。
フリーの演技は3位だったようなのですが、総合順位は5位に。
一方、ソーヤー選手はフリーで4位の演技だったようですが、ショートで5位だったので、総合2位になった・・・ということらしいです。

ショートプログラムも、総合3位以下の選手の演技も観られなかったので、とても見ごたえの薄い大会でした・・・。

南里選手は、以前観たときより成長してる感じだったので、このままもっともっと上手になっていってほしいですね。

ソーヤー選手は初めて見る選手でしたが、細かいミスはあったものの、上手で、すごく身体が柔らかい選手でしたね。
特に足を顔につくんじゃないかと思うくらい上げてスピンしたときは、会場もどよめきでしたが、私もびっくりしました。

そしてライザチェック
このレベルの選手は、この大会には他に出場していなかったので敵なし状態。
素晴らしい演技で、2位に大差をつけての優勝でした。うん、やっぱりな〜。
とにかく上手で、そしてダイナミック、手足の長さが強調される衣装と、どれをとっても『ライザチェック!!』という感じでしたね。
堪能させていただきました(*´▽`*)

さて、今大会を終えて、ファイナル出場枠が4つ埋まりました。
織田選手、ライザチェック、ジュベール、ジョニーは確定です。
残る枠はあと2つ・・・。

ここに高橋選手が入るには、1位を獲れば確実
2位だと・・・他の選手の順位によっては、同点が数人出ることにもなるかもですが、その場合『最も好成績だった試合の順位が高い選手が上位となる』ルールなので、高橋選手は2位が最高となり、どうやら大丈夫そうですね。
3位だと・・・ダメかな・・・おそらく。高橋選手が3位ということは、1、2位は多分ブレジナ、コンテスティ、アボット選手辺りが獲ることになり、点数で高橋選手を上回ることになってしまいます。

つまり、高橋選手がカナダ大会で2位以上を獲れればファイナルに行ける、3位以下なら行けない、という感じでしょうか。100%そうとは言い切れませんが。
う〜ん、期待と心配が半々です!(>_<)

ともあれ、残すところあと一試合!!
楽しみにしつつ、力の限り応援しますよ〜!
posted by 水沢藍 at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男子フィギュア

2009年11月19日

グラチャンバレー2009男子ポーランド戦

ついについに、待ちに待ったグラチャンが始まりました!!

1993年の第一回大会は、前年のバルセロナオリンピックで男子バレーファンになった私たち姉妹にとって、初めての大きな大会でした。
全試合ビデオに録画しつつ、テレビにかじりついて応援しました。
結果としてはメダルには届かなかったものの、好きな選手がたくさん活躍してくれて、本当に嬉しかった。
このとき録ったビデオは、その後も何度も何度もくり返し観て、試合展開を覚えてしまうくらいでした。

あれから16年。
あのときの選手はもう、誰も残っていません。
それでも、私たちはこの16年の間、入れ替わる選手たちをずっとずっと応援し続けてきました。
オリンピックに行けなくなって、ルール改正に順応できなくて、苦労していた全日本男子。
だけどその中でも、一生懸命頑張り続けた彼らを、ずっと見ていました。
北京オリンピックに行けたときは、本当に嬉しかった。
16年分の想いが、一気に蘇った瞬間でした。

そして、始まった第5回ワールドグランドチャンピオンズカップ2009。
今大会で、私たちが望むのは、一試合でも多く、いい試合を!!ということ。

いい試合、というのは、
どんな強豪相手でも決してあきらめずに食い下がって、結果として負けてしまっても、あと一歩で勝てそうだった、という希望が見える試合展開(例えばフルセット)や、
コート内のムードがよく、選手たちが、お互いや監督との意思疎通もバッチリ決まり、それぞれの持ち味を十分に活かした、まとまりのあるプレーをする・・・というもの。
なかなか難しいことですが、これらは『バレーの技術』以上に試合をいいものにする大事な条件です。
私たちは、そういうことに一番期待しているのです( ´ー`)
もちろん、その結果が勝利であれば、一番嬉しいのですけどネ。


まず初戦。ポーランド戦です。
ポーランドは欧州王者。
イタリアやオランダなどの強豪を負かしてやってきた、強敵です。
もちろん負けはするでしょうが、どこまで食い下がれるか。
私たちは固唾を呑んで見守りました。

第1セットはかなりの接戦で進んでいきました。
が、終盤になってリードされ、そのままゲームセット。
しかし、ポーランド相手に22点まで取ったので、私たちはかなり「おおっ?」という感じでした。
というのも、日本はわりと第1セットは元気がないことが多いので。
とは言え大事なところでのミスも痛かったので、第2セットではもっとミスも少なく、もっといい試合展開を!と、期待できる第1セットでした。

そして第2セット。
その期待に、早くも応えてくれた選手たち!
なんと、連続のブロックポイント!!ヽ(゜∀゜)ノ

日本は背の低さもあって、ブロックが他国に比べて決まりにくいのです。
だから、決まったときはもうホントに嬉しいです。
それが連続ポイント取ったときなんて・・・私たちは大興奮。

さらに、大量リードで進む試合展開・・・
こ、こ、これは・・・・・(゜▽゜;)
嫌でも期待は高まりますよ。
1セットでも取れればいいね・・・なんて話していたので、まさにこのセットが、取れるセットでは!?と大盛り上がり。

終始日本のムードで試合が運び、なんと25−15というとんでもない大差で日本が勝ちました!!

続く第3セット。
調子がよかったセットの次のセットはふるわない・・・という定説をひっくり返してほしい!と期待したのですが、序盤からどうにもポーランドリードの試合展開です。
大事なところでのサーブミスもあり、またポーランドのエースの活躍もあって、このセットはやっぱり落としてしまいました。

でも、終盤セットポイントになりながらでも、一発で決めさせずに粘った点が素晴らしいと思いました。
第4セットも、執念あふれる粘っこいプレーを見せてほしい!と希望。

そして第4セット。
抜きつ抜かれつの接戦で中盤まで来たところで、
清水選手のサーブが冴え渡る!!
なんと3回連続サービスエース!!

も〜このセットが、一番いいセットでしたね!!
何しろ、清水のサーブももちろんですが、とにかくみんな拾う!
「絶対に落とさない!」という気迫が感じられました。
割といつもあきらめてしまう節の見られる日本男子(女子は結構食らいつくんですが)でしたが、この日はホントに頑張ってました!

何度も言ってますが、とにかく拾うことが一番大事です。
拾えないまでも、ボールに食らいついていくこと。
たとえアウトボールでもうっかり拾っちゃったということがあってもいいくらいに、食らいつく。
その精神が、プレーをよりいいものにしていくんだと思います。
やっぱり、チーム全体のムードって、一番大事。
全員がリベロみたいな気持ちで、ひとつのボールを絶対にコート内には落とさないぞっていう気迫のようなものが必要なんですよね。

第4セットは、とてもいい流れで進み、ラストはなんとセッターの阿部選手がツーで決めました!!
ここでツー来るか!!Σ(゜∀゜;)という、ビックリなラスト25点。
フルセットに持ち込みました!!

まさかポーランド相手に、ここまで健闘するなんて・・・ヽ(´▽`゜)/

そして第5セット。
15点先取なので、あっという間の試合展開。
しかし日本が終始リード。
手に汗握る試合となりました。

もしかしたら、勝てるかもしれない・・・
そんな期待が、第4セットを観ていてよぎり始めていたのですが、
いやいや・・・まだ早い・・・と、期待を押さえ込む私。
本当に男子バレーが大好きなので、期待して負けてしまったときの悲しさはハンパじゃなく辛い。
だから、「負けるかもしれない相手」と戦ったとき(大体いつもですが)は、どんなに試合展開が有利に進もうと、なるべく期待しないで観るようにしているのです。(つまらん見方だ ^^;)
しかし、第5セットも終盤を迎え、日本のムードが崩れないまま点を重ねるみんなを見ていたら、どんどん期待がマックスに。(結局、悲しかろうと何だろうと期待はしてしまうんですよね;)

そして・・・勝利!!!!

信じられない奇跡です。
そんな言い方をしたら失礼かもしれないけど、絶対勝てないと思ってた。
勝ってほしいと思いながら、負けたら悲しいから「負けて当たり前」と思うようにしていたというのもあるけど、それでも本当に勝てるとは思っていなかった。
だって、欧州王者ですよ。
これまでのポーランドとの試合は、ほとんど負けてるんですよ。
本当に本当に、素晴らしいです。 最高の初戦になりました。

清水・福澤両エースの活躍も然り、石島選手や松本選手、そして富松選手、当然リベロの田辺選手、宇佐美・阿部両セッター、とにかく全員がいいプレーをした、ということが一番の素晴らしい点です。
それぞれがバランスよく、それぞれの得意なところを活かした、まさに『チームプレー』だったと思います。
最初に書いた、「いい試合」そのものでした!

今後の試合に必要なこと、この試合で、彼らはたくさん吸収したと思います。
次の試合からも、よりいい試合が出来ることを期待しています!

最後に・・・今回初めて八子という選手が出場しましたね。
全日本でプレーするのはどうやら今大会が初ということで・・・気合いが入りすぎたのか、サーブミスをしてしまいましたが・・・今後に活躍を期待しています!

さーて、次も力の限り応援するぞー!Σo(^▽^ )
posted by 水沢藍 at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | 男子バレー
  にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
   ネット体験談 総目次1
   ネット体験談 総目次2
   ネット体験談 総目次3
   カテゴリ別目次
    ・「パソコン関連」
    ・「ネット関連」
    ・「サイト作り関連」
    ・「さくら(ブログ)関連」
   ポイントサイト目次
   日記目次
   好きな曲紹介目次
   それぞれの目次ページに飛べます。他の記事をご覧になりたい時にご活用ください。

トップページへ戻る