にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
  にほんブログ村に登録しています!(^-^ )

2009年12月03日

Gmailを使ってみました

185.Gmailを使ってみました

2009年6月、パソコン暦2年半が過ぎた頃の体験談です。

私はいくつかのメールアドレスを持っています。
PCのアドレス(これは家族と兼用)、さくらのアドレス、あとはフリーメールアドレスをいくつか。

そしてついに、新たにGmailを使ってみることにしました。
Gmailとは、グーグルのフリーのメールサービスです。

グーグルのアカウント取ったときに、チラッと「あ、メールもある・・・」と思ったのですが、まあまた今度でいいや、と思ってるうちにすっかり忘れ(笑)

私はすでにグーグルのアカウントを持っていましたが、持っていない人は、まずグーグルアカウントを取ります。

こちらのページにアクセス。
Gmailへようこそ

右下に「アカウントを作成する」ボタンがあるので、クリック。
「Gmailについて」というリンクもチェックすると、Gmailでどんなことができるのかが、さらに詳しくわかります。

で、必要事項を記入、アカウントを作成すると「メールボックスを開く」というボタンのあるページに転送されます。
ボタンをクリック。
受信トレイに移動します。

さて、まずは、アカウント作成時の姓名がそのまま載っているので、これを任意の名前に変えたいと思います。
一番上に今作成したGmailのメールアドレスが記載されており、その隣に「設定」「ヘルプ」「ログアウト」のリンクがあります。
これの「設定」をクリック。

「アカウントとインポート」の設定をします。
上から2番目、「名前」と書かれた項目があります。そこに、先ほどアカウントのとき記入した姓名が書かれています。
「情報を編集」をクリック。
「グーグルアカウントの名前」の方にチェックが入っていますので、下の空欄にチェックを移し、空欄に任意の名前を記入します。
ここでチェックした名前が、メールに記入される名前になります。
「変更を保存」で、決定です。

他にも「全般」その他の項目別に、自分の好きに設定していきます。
「Labs」では便利な機能をONにするかOFFにするかを設定できます。
私は「送信取り消し」と「タイトルバーの表示変更」と「追加の絵文字」機能を有効にしています。
「テーマ」は受信トレイのデザインの変更ができます。

また、受信トレイの左柱にはチャットとか招待などのコーナーもありますが、折りたたんで見えなくすることも出来ます。
私の場合は両方必要ないので、チャットもログアウトして非表示に。

でも、色々便利そうですね、Gmail!

Gmailの使い方!
このサイトには、Gmailを便利に使うための色々なことが書いてあって、使いこなしたい方にはオススメです。
私は・・・まだ、よく見てないんですが(^_^;)

とにかく、「アーカイブ」で受信トレイを見やすくできること、
「ラベル」でメールを整頓しやすいこと、
それからメールを削除する必要がないこと(大容量なので)。
この三つが、今の私にとっては、最大の利点ですね!

今後も活用していきたいです♪
posted by 水沢藍 at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット体験談

2009年12月08日

男子フィギュア「グランプリシリーズ2009」ファイナル

さて、待ちに待ったグランプリファイナル!!

・・・と思ったら、
ジュベールがいない!?(゜Д|||

なんと、怪我で棄権とのことです!!
手術までしたらしく、この時期にそんな・・・と、私たちはがく然。
オリンピックには何が何でも行くと言っているとのことですが、そうは言っても、完全な状態で行けるかどうかはわからず・・・。
オリンピックではジュベールの演技をめちゃくちゃ楽しみにしているだけに、このことはあまりにもショックでした・・・。

もちろん、ファイナルもすっごく楽しみだったので、一気にボルテージが下がってしまいました(;_;)
高橋選手はいるし、他の選手も好きな選手ばかりだから嬉しいんだけど・・・
ジュベールの演技、観たかった〜・・・。


・・・気を取り直して、

ショートはとても楽しんで観戦しました。
何しろ、かなりの選手がみんな調子よく、素晴らしい演技をしてくれたからですヽ(´▽`)/

ジュベール棄権で繰り上がり出場となったトマシュ・ベルネル選手は調子が悪く、特にジャンプはほとんど失敗してしまいましたが・・・。
同じくジェレミー・アボット選手も、ショートでは失敗が目立ちました。

でも、他の4人の選手はみんないい演技でした!
パーソナルベストを更新する演技を見せてくれて、私たちは大盛り上がり。
中でもやはり高橋選手の演技!!

高橋選手本人は完璧な演技ではなかったと思っていたようですが、
私たちにとっては、今の時点での最高の演技だったんじゃないかな?と。
もちろん、もっともっといい演技が出来ると、期待してますけどネ.:*・。.:*

織田選手もとってもいい演技でした!
ジョニー・ウィアー選手エヴァン・ライザチェック選手も、共にパーソナルベスト更新の素晴らしい演技!!

これは、フリーも楽しみだーーー!!!

・・・だったのですが。

なんと、まさかのフリー録り逃し!!(゜Д|||


ボー然としたのですが、
一応、ギリギリ高橋選手の演技だけは録画出来ていたので、高橋選手だけ観ました。

・・・そして失敗して、5位に落ちてしまった高橋選手に、さらにボー然・・・。

な、な、なんてことでしょう・・・。
ショートで、あんなにあんなによかったのに。
しょっぱなの4回転ジャンプに転倒、その後のジャンプもことごとく失敗・・・。
気のせいかもしれませんが、後半なんかは滑っているのも辛そうに見えて、観てるこっちも「ああ・・・」という思いでした。
まさか、ここまで調子が悪いなんて思いませんでした。
前日のショートからは想像もできない展開です。

結果は、
1位 ライザチェック
2位 織田
3位 ジョニー
4位 アボット
5位 高橋
6位 ベルネル

・・・となっておりました。

残りのみんなはどんな演技をしていたんだろう・・・と気になっていたのですが、
後日、動画をアップしてくれているブログを発見して、なんとか演技を観ることができました(^ ^;)

ベルネル選手はフリーも調子がよくなかったようです。
ジャンプのミスが多く、彼らしい元気のいい演技が観れず、残念でした。

アボット選手は、ショートとは違ってかなりいい演技でした!
最初のジャンプで転倒してしまいましたが、そのあと持ち直して、最後はガッツポーズとかわいい笑顔♪
とっても上手な選手なので、こういういい演技ができたときは、ホレボレしちゃいますね(*´▽`*)

ジョニーはすごーくよかったです!!
繊細な滑りが相変わらずキレイで、独特の世界観に包まれた彼の演技は、まさに芸術。
彼は今、ノリにノッてるって感じですね。
このままますます技に磨きをかけていってほしいです。

織田選手は相変わらずジャンプが安定してて、いい感じです。
ステップは少しぎこちないかな〜と思うのですが、ジャンプやスピンはうまいです。
スピードもあって、数年前より格段に上手になっている気がします。

そしてライザチェック選手
とにかくダイナミックで、シャープでキレのあるスケーティングは彼ならではですね。
ミスはちょいちょいありましたが、王者の貫禄バッチリで、見事に1位。
終わったとき、「これは1位だろうな〜」と思いました。


ジュベールがいたら、そしてプルシェンコがいたら、
また違った結末になっていたかもしれませんが・・・

このメンバーで、今の時点での順位はこうなんだろうな、という結果になったと思います。

高橋選手は残念だったけれど・・・
次回、もっともっと成長した姿が見られるだろうと、確信しています。

今回は、五輪出場内定おめでとうと、織田選手に言いたいです。


エキシビションは高橋、ジョニー、織田、ライザチェック4人の選手の演技を観ることができました。
高橋選手はちょっと転倒しちゃったりもしてましたが(^−^;)
エキシビションのプログラムでは、高橋選手とジョニーのが好きですねー。
高橋選手のは曲も演技もとってもキレイで、ジョニーのは妖しくカッコイイ。
二人とも、自分に似合う雰囲気を知ってて、いいですね〜。


・・・というわけで、長らく見てきたグランプリシリーズも、ついに終わりました。

楽しくて、感動して、ショックだったり、驚いたり・・・
なんかいろいろありました。

でもやっぱり、「ああいいもん見たなー」って感じです(*´v`*)
目の保養になりました。
楽しかったー。

ジュベールのことが唯一の心配です。
次に彼の演技が観れるときは、完全復活した姿を見たいです!
posted by 水沢藍 at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男子フィギュア

2009年12月12日

ルナスケープCPU占拠の謎

186.ルナスケープCPU占拠の謎

2009年7月、パソコン暦もうすぐ3年という頃の体験談です。

何だかんだでルナスケープを愛用している私ですが、
ルナスケープに限ったことではないと思うものの、たびたびブラウザがCPUを占拠するので、困っています。

ネットサーフィン中に動作が重くなり、タスクマネージャを見てみると、ルナが70%以上占めていたりするんですね。
メールソフトや他のアプリケーションを出しているときもあるんですが、出してなくてもそれだけでCPUを占拠しているため、それらを消しても重さは変わりません。
もちろん、ルナを終了すれば元に戻りますけど。

ただ、CPU100%になって一瞬フリーズしても、どうにもならない状況には滅多になりません。
どうにもならない状況になるときは、大抵、動作が遅くてイライラして、ついクリック連打をしちゃって、固まるケースがほとんどです。
ゆっくり使っている分には、そうやって一瞬固まっても数秒〜10秒くらい待てば、落ち着いて元に戻ります。

とは言え、どうにかして固まらないようにできないかと調べておりましたら、
こんなページを発見。
速度低下、フリーズとCPU使用率

まあ、ちょっと古い記事(バージョン4)なので、バージョンアップもしてるし当てはまるとは言えないんですが、何かの参考になるかもしれないので一応見てみます。
これによると、原因はひとつではなく、また症状によっても対策が違うとのこと。

「CPU使用率が高くなることで頻繁に固まる場合」において、
『数十分に一回の割合で定期的に起こる場合』


これの原因のひとつは、「お気に入りや設定を定期的に保存」していることかもしれない、と。

ルナには上記機能がついていて、標準で保存するように設定されています。
これをやめれば、軽減されるとのこと。
「ツール」→「Lunascapeの設定」→「お気に入り」の「全般」タブで、「お気に入りや設定を定期的に保存」のチェックを外す、とありますが、
ルナのバージョン5には、これなくなってました(゜▽゜;)

一応定期バックアップの期間を設定することはできるようですが、
私は15日ごとに設定していたので、数十分に一度・・・に引っかかる訳ないですね。

・・・しょーがない。
じゃ、次。

登録しているフィードの数が多い場合
標準だと30分に1度全てのフィードを読み込むため、それを制限することで、読み込みによる速度低下を軽減することができるとのこと。
また、フィードの読み込みのタイミングを一度に全部行うのではなく、少しずつずらすことでも軽減できるそう。

フィードとは

そのサイトが更新されたかどうか、いちいちサイトにアクセスしなくても確認できる機能ね。そうだった。(←忘れてた)
RSSリーダーなどに、確認したいサイトのフィードを登録しておいて、それをチェックすればサイトが更新されたかどうかわかるってことか・・・なるほど。うん、使ってない。

「Lunascape設定」→「RSS」で見たところ、やっぱり全部のチェックを外してた(笑)
ティッカーとやらも全部チェック外し済み。

ここで更新設定したり、サイドバー「お気に入り」の「詳細」よりフィードの更新設定を個別に行ったりすることで、軽減できるとのことですが・・・使ってないから、なんとも。
一応、サイドバーの「フィード」欄に標準で登録されてた一覧を全部削除してみる。意味ないだろうけど。

次、『不定期だが、検索する際にページの読み込みが一時的に固まる(ページが白くなる)場合』

・・・これは違いますね。検索時ではないです。

次、『セキュリティソフトによる全般的な要因』

・・・来ました。
やっぱりこれですかね。
何だかんだで、遅い原因はけっこうこれが多いもんです。

これの場合は、どうにもできないんですよね。
セキュリティは必要だし、もしかして中には使わないかもなーっていう機能があるかもしれませんが、その見極めができない。
「いらないだろ」で消して、何かトラブルでもあったら何のためにセキュリティ入れてるんだってことにもなりかねないし。
上記ページにはウイルスバスター2006、2007の機能の一部を無効にする例を挙げていますが、マカフィーじゃないしなあ・・・
あんまりいじるのも、初心者にはちょっと・・・と、逃げ腰な私。

・・・ってちょっとまって。
その場合、CPUを占拠しているのはセキュリティソフトで、ルナが占拠することとはまったく関係ないのでは??

ええい、次だ、次!

『長時間利用しているとメモリ使用量が増大する』

・・・えーと、これは「メモリ」だから、CPUとは関係ないですよね?

でも確かに、長時間使うと(場合によっては短時間でも)メモリ使用量が肥大して、重くなることはあります。
私の場合は、昔はそうなると一端ルナを終了して、また起動させていたんですが、
今は「最小化」することで対処しています。
タスクマネージャで確認すると、最小化しただけで劇的にメモリ使用量が減って、すぐに再び画面表示させても、最小化前とは比べ物にならないほど使用量が少なくなってます。
・・・あ、上記ページにも「最小化すると軽くなることがある」と書いてありますね。

『Microsoft Updateによる要因』

色々と書いてありますが、とりあえずこれじゃない(^−^;)
・・・というか、これも、CPUを「ブラウザが占拠している」という状況じゃないんですね。

うーん・・・。
まあ、とにかく私の場合は、
一回ルナを終了しないと落ち着かないときもあれば、
落ち着くまで待って、その後ずっと大丈夫なときもあるし、
落ち着いて再開し、また少しするとCPU使用率アップで遅くなる・・・というときもありと、様々です。
もちろん、ずっと固まらないでスムーズなときもあります。

つまり、重くなったときの復旧加減も、バラバラなんです。

ということは、パソコンやブラウザやネット関係のトラブルではなく、
『自分自身の行為によって起こっていること』
なのでは・・・・?

そして、気をつけて見ていたら、

・閲覧ページでFlashなどを使っていた
・連続してタブを開いた


この二つのときが、
どうもCPUをルナが占拠しているような・・・。

タブを数多く開いているのも原因なのかと思いましたが、
落ち着けば、ルナを出しっぱなしにしてWordでカチャカチャやってても、CPUはせいぜい10%未満。
一端開いてしまえば、タブを10個くらい出してそのままにしていても、CPUは落ち着いています。

要するに、次々ページを開く「ネットサーフィン中」だけ、重くなるのです。

ということは、もうちょっと使い方に気をつけた方がいい・・・ということかもしれません。

IEを使っていた頃は、サイトアドバイザーが入ってるせいもあってホントにゆっくりしか次のタブが開けなかったから、ポコポコとタブを開きまくることもなかったんだけど、
ルナにしてからタブを開くのが速くて、つい調子に乗ってポコポコ・・・。
そして遅くなったり固まったりすると、速いのでもうスッカリ慣れちゃってるから、「おい!(`Д´) 」と思ってしまう。
うーん、どんどんせっかちになってしまってますね。

デスクトップPCでCPUのスペックもバツグン♪・・・ならばまだしも、
ノートパソコンだし、限界がありますよね。
うん、大事に使おう。

ところで、「ネットサーフィン」って最近言わないとか?
私は好きで使ってますが(笑)、もしかして若い子には通じない!?
ネットで、次々ページを移動することですよ・・・と、書いておきましょう(;´∇` )

ネット用語もどんどん新しくなるので、ついていけませんね〜。
私は大抵、新旧にこだわらず、自分的に気に入った言い回ししか使わないタイプなんですが、周りに通じてないとすればエライことですね(汗)
もし、私のブログで「これは今では通じない言葉だな・・・」とかありましたら、教えてくださいね〜。カッコ等で補足しますので。
posted by 水沢藍 at 23:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | ネット体験談

2009年12月18日

IE8の気になるところ

187.IE8の気になるところ

2009年7月、パソコン暦もうすぐ3年という頃の体験談です。

InternetExplorer7から、8にバージョンアップしました。
どこかで、セキュリティ観点から8にした方がいいとの記述を見て、行いました。

が。
これが・・・なんて言うか・・・

気になるところが二つ。

サイトアドバイザー入ってるからかもしれませんが、速度はそれほど変わった印象はありませんし、
Webスライスとかアクセラレータとか、便利そうな機能も増えてそれはいいと思ったんですが・・・・

まず、ツールバー左端にある「×」。
これ何なのかと思ってクリックしてみたところ、アドオンを無効化するときに押すもののようです。
これを押すと、「アドオンを無効にしますか?」といったメッセージボックスが表示、「無効にする」を選択すると、ツールバーが非表示になります。

これ、いらないよ(T∇T)

ツールバーごとに表示されていて、ものすごく邪魔です。
そんなもん、表示させたいからさせてる訳で、非表示にしたかったら簡単にできるんだし、2クリックで非表示にするための「×」なんて、ホントにいらないです。
これのせいで、ツールバーによっては右端が切れて、見えなくなってるんです(最悪だ)。

そしてもうひとつ。
「お気に入りバー」の余白。
これは、ちょっと説明ではわかりづらいと思うので、図解説明されているブログをご覧ください。

このお気に入りバーが・・・太い上に、移動もできないし横のスペースも使えないという悲しさ。
うわ〜んムダだよ〜〜〜(TロT)

一応、上記ブログの方よりはマシな状況(お気に入りが一番下の「おすすめサイトを有効に・・・」まで到達していないので)なのですが、とにかくこの二つが気になる。

しかも、「どうにかしてこれ消せないのかな〜」と思って検索していたら上記ブログにたどり着き、どうやらできないらしいということがわかって、ガーン。
レジストリなんて、いじりたくない・・・。

でもIE7は結構落ちるのも多いし、セキュリティ的にはもちろんバージョンアップしたやつを使った方がいいとは思うので、戻すのはあまり気が進みません。

・・・まあ、一応メインブラウザがIEじゃないから、いいかな・・・という感じではあるのですが。

「画面を広く、有効に使いたい」というのは全てのユーザーの基本願望のような気がするのですが、バージョンアップしてそれが消えるというのは一体・・・(T-T)

こうなったら、上記の不便さを取っ払ったバージョンを、一刻も早く開発してくださることを望みます。
posted by 水沢藍 at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット体験談

2009年12月26日

ウィルスの脅威とサイト管理人の心構え

188.ウィルスの脅威とサイト管理人の心構え

2009年7月、パソコン暦もうすぐ3年という頃の体験談です。

つい先日、こんなページを発見しました。
「サイトがウィルスに感染するなんて」

『管理人も被害者ではありますが、閲覧者に対しては加害者です。
悪意がなかったとしても、責任や落ち度はあります。』


・・・そうでした。
私は、サイト管理者でもあったのです。

もし私のサイトが感染したら・・・
サイトを訪れてくださる方にも、迷惑をかけてしまう。
そのことを、あまり深く考えて過ごしていなかったことに気がつきました。

私は、ウィルスを脅威に思いながら、油断して過ごしていたような気がします。
何気なく、クリックしたり、アクセスしたり・・・。
自分でできることは確かにあるのに、
「自分は大丈夫なんじゃないか」という、よくわからないぼんやりとした、まだどこか他人事のような思いがあったと思います。

ウィルスは、日々進化しているそうです。
対策ソフトを入れているから安心・・・というわけではない、ということは、私もわかっています。
今までは運がよかっただけかもしれません。
いつ、対策ソフトの隙をついてウィルスが侵入してくるか、わからないのです。

絶対に感染したくない・・・
もちろん、感染させたくもない。
じゃあ具体的に何をすればいいのか?

Windows Updateの自動更新やウィルス対策ソフトの導入はもちろんのこと、
不審なリンクをクリックしない、信頼できないファイルをダウンロードしない、URLをきちんと見る、怪しいメールは開かない・・・
そして、常に自分のパソコンがウィルスに感染していないか、気を配ること。

「サイトにウィルス感染する」というのは、サイトが外部から改ざんされてウィルスを埋め込まれるということで、ウィルスをサイトに埋め込むには、サイトを改ざんできる立場になる必要があります。

これには調べたところ、二つの方法が見つかりました。(他にもあるのかもしれませんが)

1.まずサイト管理者のパソコンをウィルスに感染させ、パソコン内にあるHTMLファイルを次々に感染させていきます。
感染に気づかないまま、管理者が感染したファイルをWeb上にアップロードすると、感染したファイルが、サイトを訪れた閲覧者のパソコンに表示されます。
そして、感染サイトを表示させたことで不正なプログラムが実行され、閲覧者のパソコンも侵していくことになります。

2.まずサイト管理者のパソコンにスパイウェアを送り込み、サイト管理者のFTPアカウント情報を盗み出します。
そして、ウィルスプログラムを埋め込んだページを、そのサイト管理者のアカウントを使って、Web上にアップロードします。
これによって、サイト管理者のページがウィルスページに置き換わり、訪問者がそのサイトを閲覧すると、不正なプログラム実行、ウィルス感染となります。

もちろん、閲覧者側もきちんとウィルス対策を行っていればある程度は安心ですが、絶対はありませんし、大元の原因は、サイト管理者のパソコンが侵されたことにあります。
つまり、サイト管理者のパソコンでウィルスの侵入を防げていれば、「サイト感染」にならなかったということです。

ウィルスの主な感染経路

それでも、万が一感染してしまったら・・・
閲覧者にきちんと報告、謝罪、サイトの一時閉鎖などで感染者の拡大を防ぐ等の処置をして、きちんと駆除する、というのが、サイト管理者として望ましい対応なのだそうです。

サイトに感染した際の対処法

サイトにウィルスを埋め込み、閲覧者のパソコンに感染していくタイプのウィルスの例として、
少し前には「GENOウィルス」が流行りました。
(このウィルスは、正確には訪問した瞬間に感染するのではなく、そこからウィルスを組み込むサイトへ誘導され、感染するようです)

私も感染してしまわないか不安で、
GENOウィルス感染の確認・対策・駆除方法が載っていたサイトを訪れ、確認・対策をしました。

その後にも、アメリカで同様のWebサイト改ざんタイプのウィルスが流行ったようですが、これも、改ざんされたサイトにアクセスすると、ウィルスやソフトウェアの脆弱性を突くプログラムをダウンロードさせるサイトに誘導されるというものだったそうです。
そのため、脆弱性のあるパソコンで、改ざんされたサイトにアクセスすると、それだけでウィルスに感染する危険が高い・・・と。

これらのウィルスは、ウィルスとして検出できなかったセキュリティソフトが多くあったそうです。
そう考えると、セキュリティソフトだけに頼るのはいけないんだと思います。
セキュリティソフトの導入と、自分自身で気をつけること・・・その両方が、大切なんですね。

一番悪いのは、もちろんウィルスをばらまく人ですが、
サイトの管理者もまた、人一倍気をつけなきゃいけないんだな・・・と、感じました。


次回は・・・
上でちょこっと触れましたが、GENO関連で対策を取ったときに起こった、小パニックについてをお送りしたいと思います。
posted by 水沢藍 at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット体験談
  にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
   ネット体験談 総目次1
   ネット体験談 総目次2
   ネット体験談 総目次3
   カテゴリ別目次
    ・「パソコン関連」
    ・「ネット関連」
    ・「サイト作り関連」
    ・「さくら(ブログ)関連」
   ポイントサイト目次
   日記目次
   好きな曲紹介目次
   それぞれの目次ページに飛べます。他の記事をご覧になりたい時にご活用ください。

トップページへ戻る