にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
  にほんブログ村に登録しています!(^-^ )

2011年01月03日

1分で体を温める運動

お正月恒例(?)の、くだらない日記記事の更新です。

最近は「ネット体験談」のネタが少なくなり(喜ばしいことではあるのですが)、更新がちょっと滞り気味になってはいますが・・・
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて。
今回の日記ネタは、この寒い時期にぴったりの話題です。

ズバリ、『1分で体を温める運動』!!

・・・
そりゃ、運動すれば普通にあったかくなりますよね。うんうん。
でも・・・

そもそも動くのが億劫だよ!!ヽ(*゜Д゜)ノ

そんなこと言わずに、ものは試しです。
たったの1分で寒さがやわらぐので、ぜひやってみてください。

1.まずは軽く準備体操。(20秒)
何でもいいので、特に腕を大きく動かす体操を軽くしてから始めます。
ちなみに私は「へんなおじさん」体操を2回ほど行っています。

2.体がほぐれました。さあ、本番。(20秒)
まず、立った状態で足を少し開きます。
そして、腰を少し落とし、どちらか片方の足を少しだけ前に出します。
ひじを曲げ、わきを締めます。
こぶしを握り、パンチを前に繰り出します。
(※ひじを最大に伸ばして、まっすぐ前に突き出します)
繰り出したと思ったら、すぐにひっこめます。わきは締めたままです。
右、左、時々連続、などなどお好きに連続パンチ。
わきを締めて、打つべし、打つべし!!
ポイントは、わきを締めることと、パンチを繰り出したと思ったらすぐにひっこめることです。
ひっこめるのが速ければ速いほど効果的。

3.息を整える。(20秒)
おそらくほんの20秒もやれば、私と同じくらい運動不足で体力のない人なら、息切れして崩れ落ちるでしょう。
運動が得意な人なら、全然平気だと思いますが。
20秒くらいやると、息を整えるのに20秒はかかると思います。(私の場合)
これでピッタリ1分。

気が付いてみれば・・・
さっきより体が温まっているではありませんか!!ヽ(´¬`)ノ

注意すべきことは、
まず準備体操を怠らないこと。
長くじっとしていて急に動くと、思わぬ事故を引き起こすことがあります。

それから、周りに人物、障害物等がないことを確認して行います。
もし高速パンチが当たったら、ものすごく悲惨なことになります。
「へんなおじさん」体操を見られて恥ずかしい思いもします。(これは私の場合のみ)

そして、初日はなるべく無理をしないこと。
初日は10秒くらいでもいいかもしれません。
これくらい軽い軽い、と調子に乗ってパンチしていると、次の日とんでもない筋肉痛に苦しむことになります。
それに、汗をかくと冷えて冷たくなるので、逆に寒くなってしまいます。
汗をかくまではやらないことが大事です。

ときどき、繰り出したパンチを高速でひっこめる際、勢い余って自分の胸を強打することがあるので、それにも気を付けてください。


慣れれば筋肉痛もなくなりますし、すぐにあったまるし、パンチを繰り出すのが結構快感なので、お勧めです。
また、二の腕を引き締める効果もあるかもしれませんので、一石二鳥の予感です。

・・・とは言え。
寒い冬、真にあったまるには体の内側から。
明日はお鍋でも食べようかな( ´ー`)
(上記全部覆すような発言)

それでは、今日はこの辺で。
posted by 水沢藍 at 21:41 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月14日

面白いページを求めて

日記記事第2弾。

ネットはとても便利なもので、調べ物からショッピング、コミュニケーションなどなど、大抵のことがこれだけでできてしまう、まさに魔法のような存在です。
私もパソコンを始めて4年、すっかりハマってしまいました。
いまや、パソコンがないとどうにもなりません。

しかし、便利に使う以外にも、「なんとなく」使っていることもあります。
別に調べたくて調べてるわけじゃないけど、「なんとなく」気になって、ページのリンクからリンクをたどってネット上をさまよってしまうことがあります。
いわゆる「ネットサーフィン」です。
別に暇なわけでもないのに、そうこうしてたら1時間くらい経っていた、なんてことも。

後でがっくり来ることもありますが、この作業(?)はなかなか楽しいものです。
検索で行く場合には出会えないような、面白いページにたどり着くことがあるからです。

おひとつ紹介いたしましょう。
結構有名なページのようですが、私は偶然ここにたどり着くまでは、全く知らないサイトでした。
筆先三寸「森のくまさんの謎」

こちらのページの作者むしまるさんは、童謡「森のくまさん」の歌詞に隠された謎を解き明かし、真の意味に迫っています。
・・・っていうか、妄想です。
しかし、大胆かつ強引な、でもつじつまは合っている解釈!
・・・無理やり合わせた、とも言うか。

ともあれ、順序だててきっちり説明されていくその文章には、ぐいぐい引き込まれます。
くだらないことをここまで突き詰めて考えて、また結論を導き出せるところがもう素晴らしい。

最終的に「森のくまさん」の再現小説(超短編)が載っており、これがまた秀逸。
何て言うか、とにかくもう「森のくまさん」じゃない。
誰だ、熊田って。
開いた口がふさがらない。
すごい(゜ロ゜)

そんな感じに、このページは私に強烈な印象を残しました。
最初に読んだときは、ホントに「開いた口がふさがらない」というのが正直な感想で、
よくこんなことを考えるなあと思いました。

しかし、その後も何度か読み返してるうちに、なんか楽しくなってしまって。
読めば読むほど、「う〜ん、面白い」。
その結論がというより、そこにたどり着くまでの思考の経路、解釈と説明が面白い。
単純に「読み物」として面白い。

このサイトでは、他にも「やぎさんゆうびん」や「おおブレネリ」についても同じように書かれています。
どれも全く童謡の原形をとどめていないすごい結論が出ています(゜ー゜;)

また、「バカエッセイ」と称された短文の中にも面白いものが。私は第7回「ヤ」の受難と逆襲で思わず吹き出してしまいましたε=(>ε<)


ネットをぐるぐる回っておりますと、こういう出会いがあるのが嬉しいところ。
だからついつい、時間の無駄になることも多いこの作業を、私は時々好んでしてしまうのでしょう。
面白いページが、私を呼んでいる。
posted by 水沢藍 at 23:18 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月26日

HDD交換その後−必須ソフトのインストール−

216.HDD交換その後−必須ソフトのインストール−

2010年7月、パソコン暦もうすぐ4年という頃の体験談です。

さて、HDD交換後、すっかり購入時の状態に戻ってしまったパソコンを元に戻す作業、その続きです。

どうにかパソコン準備が終わりました。
しかしまだ、戻ってきたパソコンにすでにインストールされていたソフトのアップグレードを施しただけです。
使っていた数々のソフトたちが、すべて消え去っています。
(購入時にプレインストールされていたソフトも、HDD交換に伴ってほとんど消えています)
これらを何とかしなければ。

まず何と言っても、セキュリティーソフトを入れなくてはなりません。

HDD交換前はマカフィーを入れていましたが、このパソコンには何も入っていません。
マカフィーにアクセス。
・・・しかしIEだと遅いので、これから色々やるには向きません。
その前にLunascapeをインストール。

「ファイル」メニュー「ユーザー設定」でバックアップしていたデータを復元しようとしたところ、
なぜかお気に入りだけ「開けません」何でだよ!ヽ(`■´;)
このためにバックアップしておいたのに。

しかたがないので、IEのお気に入りをバックアップしていたのをIEに復元。
お気に入りはCドライブの「Documents and Settings」フォルダ内ユーザー名フォルダの中にあり、それをUSBメモリにバックアップしていたので、
再び同じフォルダにコピーしてみました。

復元はされました。
・・・が。
いつのデータだったのやら、いらないURLが大量にあったりして・・・。

今後はIEの「ファイル」メニュー「インポートおよびエクスポート」で、お気に入りをバックアップすることにします。定期的に( ̄ー ̄°)
(ちなみに復元するときは「ファイルからインポート」で、エクスポートしたファイルを選択)
いつもルナを使ってて、お気に入りもルナでどんどん変化してるから、IEのお気に入りがいつの間にか古くなっちゃうんだよなぁ・・・。

ともあれ、IEのお気に入りをルナに引き継ぎました。

さて、マカフィーです。
お気に入りからサイトへアクセス、マイページにて契約中のソフトをダウンロード。
これで一安心。

お気に入りの整理とLunascapeの設定の確認をしたら、
必要なソフトのインストールから始めます。

・・・と、その前に、ドライブ容量を確認。
もともとC、Dドライブ合わせて80GBだったのですが、今回のHDD交換の折に120GBになったのです。
Cドライブ60GB、Dドライブ50GBくらいになってました。
10GBくらいは、何やかにやで個人的に使えない部分なのでしょう・・・それはいいとして、
何ですか、この内訳は。

最初の頃はすべてのソフトをCドライブにインストールしていたし、マイドキュメントも仮想メモリも一時ファイルもCドライブにありました。
しかし今ではそれらはDドライブに移し、かなりのソフトをDドライブにインストールしています。
新HDDになったら、容量も増えたしDドライブにもっと多くのデータを置けるな・・・とほくそ笑んでおりました。

ところがどうでしょう。
Cドライブ60GB、Dドライブ50GBですと!?
増えた分、Dドライブの容量が増えてると思っていた私は、愕然。
これは、割り当てをし直さなければ。

検索で調べてみたら、「パーティションの割り当てはフォーマットしないとダメ」とか出て、さらに愕然。
ちょっ・・・!!
今色々やったのに、フォーマットって・・・!!(゜ロ゜;)

しかしこんな時、頼りになるのはフリーソフトです。
検索で出てきましたのはこちらのソフト。
『Partition Wizard Home Edition』
このソフト、すごいです。とにかく操作が簡単。わかりやすい。
あっという間に、Cドライブ35GB、Dドライブ75GBくらいにできました。
ありがとう、ありがとう・・・!!

こちらのサイトでインストールから操作まで、図解で細かく説明されています。
GIGAZINE

さて、これで安心してソフトをインストールしていけます。

まずは、パソコンに購入時プレインストールされていたソフトの中で、使用していたものをインストールします。
私の場合は、Office2003(Word、Excel、Outlook2003)、ホームページビルダー10ライト、はがき作成ソフト、辞書ソフトなどなど。
付属のCDに入っているので、それらをCDからインストール。
購入時の状態になると言っても、本当に必要な最低限のソフト以外はインストールされていない状態で返ってきたので、この手間は結構めんどくさい・・・。
でも必要なかったソフトたちが全部消えてたのは、ありがたい。まあ・・・そう考えれば、これはこれで。

しかし、インストールすればそれでOKというわけではもちろんありません。

例えばOffice。
Excelは・・・まあ、ほとんど使わないんで置いといて、
Wordは設定が初期化されていたので、フォント(「書式」メニュー)や辞書など諸々の設定(「ツール」メニュー「オプション」)をやり直し。
Outlookも、ライセンス取得から。メールアカウントなどの送受信設定も再び。
ああめんどくさい。

それから、全て消えているメールをバックアップから復元。
バックアップしてたのメールだけだったから、メモなどのデータは消えていた・・・(T_T)
これもバックアップが必要だったのか。見落とし三昧。
さらに閲覧ウィンドウをオフにするなどの細かい設定もやり直し。
迷惑メール振り分けなどの設定もやり直し。
Wordもそうだけど、ツールバーのメニュー配置もやり直し。
ああああ設定バックアップしておけばよかった。それ、しつこい。

ホームページビルダー10ライトも、サイトの登録からやり直しです。
はがき作成ソフトは、住所録などもともと作成してなかったので問題なし。

辞書ソフトもインストールに手こずりました。
まあ、なんていうか・・・Dドライブにインストールしたら、起動しなくて( ̄ー ̄°)
Cドライブじゃなきゃダメなものもあるんですよね・・・。
既定の場所にインストールし直し。

ともあれ、何とか完了しました。
しかし、これはまだ購入時のプレインストールソフトの話。
他にも必須ソフトはいくつもあるのです。

まずブラウザ。firefoxをインストールします。
インストール後、各種設定。
FlashPlayerのインストールも。

プリンターのドライバ。
Java。
各種ツールバー。
あらゆるものをインストール。

つ、つ、疲れたぁ〜〜〜〜〜〜ε=(=д=;)

ああっ・・・あと、フリーソフトの数々も・・・・。

・・・・・・・・。

初期化されたパソコンを元の状態に戻すのは、これほどまでに骨の折れるものだったのですね・・・・。
エラーチェックができなかっただけで、まさかこれほどの苦労をすることになろうとは・・・。

次からは、何が何でもまるごと引っ越しをしようと決めた私です。
posted by 水沢藍 at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット体験談
  にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
   ネット体験談 総目次1
   ネット体験談 総目次2
   ネット体験談 総目次3
   カテゴリ別目次
    ・「パソコン関連」
    ・「ネット関連」
    ・「サイト作り関連」
    ・「さくら(ブログ)関連」
   ポイントサイト目次
   日記目次
   好きな曲紹介目次
   それぞれの目次ページに飛べます。他の記事をご覧になりたい時にご活用ください。

トップページへ戻る