にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
  にほんブログ村に登録しています!(^-^ )

2012年06月17日

続・メール受信できない時がある〜その1〜

234.続・メール受信できない時がある〜その1〜

大分前に書いた記事、
221.Outlook2003でメール受信できないときがある
の続編です。

そのあとに、もうひとつ
228.無料メールソフト『Thunderbird』をインストール
という記事も書きましたが、

これは、Outlook2003でメール受信できるときとできない時があり、できるときは全く普通なのに、できないときはネットにもつながりにくくなる。再起動して再びメール受信を行えば、普通に受信もでき、ネットにもつながる・・・という症状に見舞われたことについての記事です。

両記事の内容を要約すると、
最初の記事では、このことがOutlookのせいかもしれないと考えつつも、色々と解決策を探したことについて書いています。結果、原因不明という結論です。
そして次の記事で、Thunderbirdに変えてみたけれどやはり結果は同じで、原因はメールソフトではなかったということが判明。でもThunderbirdは使いやすいので変えてよかった、というようなことを書いています。

さて、この症状が起こり始めたのが2010年夏ごろ。
現在2012年6月で、約2年が経とうとしています。
それで、この症状は治まったのか? というと。

結論から言ってしまうと、『直ってはいない、でもほとんど起こらない』という状態になっています。

つまり、今でもメール受信に失敗し、そのあとネットにもつながりにくくなるので、再起動する・・・という症状に見舞われることがゼロではないので、完全に直ったわけではありません。
しかし、その頻度はかなり減りました。
上記記事を書いた頃は、それこそ毎回ではないものの、高確率で失敗していました。
でも今では、バラバラなので平均化はできませんが、最近半年で失敗したのは1回だけです。

それがどうしてなのか?
というのは、はっきり言ってわかりません。
今でも起こることがあるということから考えても、何か原因があって、それを取り除いたからという理由ではないでしょう。
もし何かの原因を取り除いたからであるなら、もう起こることはないからです。

だから結局、この症状が起こる原因、対策、解決法、そういったことは『わからない』で終わってしまうのですが、
とにかく、この『メール問題』に関して、私が色々と調べ、実行したことがいくつかあります。
それについてを書いて行こうと思います。
ただ、それはあくまで「私が行ったこと」というだけです。
私が実行した結果が今につながっているのか、特に意味はなかったのか、また別の何かが作用したのか・・・さっぱりわかりません。
そのため、あまり参考にはならないかもしれません。

・・・前置きが長くなりましたが、
本題も長くなりそうなので、記事を二つに分けたいと思います。
何しろ、調べたことやったことが多すぎて、一つの記事にまとめるのが大変で^^;
最近サボり気味で、ひと月以上開けての更新が多くなってますが・・・とりあえず、この記事に関しては間を開けずに更新したいと思ってます。(できなかったらすみません)

さて。
症状が起こり始めて半年後、メールソフトをOutlookからThunderbirdに乗り換えたその後、です。
私のブログを見てくださったとある方から、こんな可能性の話を聞きました。

『メモリリーク』がメール受信で起こっている。

メモリリークというのは、よくわからないので・・・
以下の用語辞典ページをどうぞ。
IT用語辞典:メモリリークとは

つまり、何らかの原因で解放されないメモリ容量が膨れ上がってシステムが不安定になり、結果再起動が必要になる・・・と。
その、原因がメール受信というわけですね。
なるほど、可能性はあります。

そしてその直接的な原因は、メールにあるのではないか、ということ。
起きるときと起こらない時がある・・・ということは、「メール受信」そのものより、「受信したメール」に原因があるのかもしれない、というわけです。
それは、考えてなかった!

で、仮にメールが原因だとして、その原因となるメールを特定するにはどうするか。
まず、この症状が起きたときに受信したメール群を置いておき、
起こらなかったときに受信したメール群と比較。
起こらなかったときのメール群と同様のメールを、起きたときのメール群から省く。
これを繰り返していけば、原因のメールを特定できるかもしれません。

大事なメールはフォルダを作ってそこに分けてあるので、受信トレイや迷惑メールフォルダは常に空にしてあります。ゴミ箱もある程度たまったら空にしています。
が、メールチェックが完了するまでは、メール比較のためにある程度メールを溜めておかなくてはいけないので、受信成功用と失敗用の新フォルダを作って、そこに振り分けていくことにします。

ポイントサイトなどに登録しているとメールがわんさか来るので、これの比較はそれだけで大変そうです。
しかし頑張ってやってみましょう。
・・・が、その前に。
私はThunderbirdの設定で、「ダウンロードしたメッセージを削除したらサーバからも削除する」にしていたのですが、今回のチェック期間はメールを残さなければならないので、メールの削除ができません。
もちろん、比較して問題なしとなったメールは削除できますが、それまではたまる一方です。
サーバにメールがたまりすぎると、受信にも影響が出るかもしれず、今回のチェックの邪魔になりかねません。

そこで、いいソフトを紹介してもらいました。
nPOP
メールサーバー上のメールを閲覧することができるフリーソフトで、これを使えば、サーバにあるメールの全てをチェックすることができます。
受信前にいらないメールを受信しないようにしたり、サーバに残したいメール以外を削除することもできます。
これを使って、サーバに残ったメールを毎日手動で削除していくことにします。

ところが、このソフトを使って新たな事実が発覚。
私は今までThunderbirdの「ダウンロードしたメッセージを削除したらサーバからも削除する」設定は、メールを削除したら、サーバからもそのメールが消えるものだと思っていました。
しかし、このソフトを使ってサーバのメールを見てみると、Thunderbirdで削除したはずのメール群がたくさん残っていたのです!
どういうこと??

残ったメールをよく見ると、「サーバに残す」設定の14日分全てのメールが残っているわけではないようです。
残るメールと残らず消えたメールに、差は感じられませんでした。
これは一体?

・・・と、新たな謎が生まれてしまいましたが、
Thunderbirdの設定の謎については考えてみたところでわからないし「不思議だね」で片づけることにして、
とりあえず目下の謎解明に励みたいと思います。

サーバのメールは毎日全削除。
受信成功メールと受信失敗メールを振り分ける日々が始まりました。

サーバのメールを全削除するのは、問題のメールが存在したとして、それが「サーバに残っている」ことで問題が起こる可能性を捨てるためです。
また、まずは問題となる可能性のあるメールと可能性のないメールに分けて、それから可能性のあるものを振り分けていくことにしましょう。

問題が起こる=メモリリークと考えるならば、その原因はJavascriptなどが組み込まれたメール、あるいは大容量のメール・・・である可能性が高い、と。
ということは、間違いなく、HTML形式のメールまたは添付付きメールということになります。
すなわち、そういうものがない普通のテキストメールは問題のないメールと断定してしまっていいでしょう。
張り付けてあるURLに問題があって、そのページを表示しようとした際にメモリリークが起こるということであれば、テキストメールでも問題を起こす可能性があるメール、ということになりますが、今回の事例では「受信時」に問題が起きているので、普通のテキストメールは大丈夫としました。

しかし、大容量メールは一度も受信したことがないものですし、そもそもポイントサイトの宣伝メールがそんなに重いわけがない・・・ということから考えると、
仮にメールに問題があるとしたら、大容量ではない普通のHTMLメールのいずれか、ということになるので、全てのHTMLメールが調査対象になるわけで・・・;;
でもまあ、山ほどのメールからテキストメールを省くと相当の量が減り、かなりしぼられるのでそれほど大変ではないかもしれません。
これで振り分けていけば、それほど遠くないうちに問題のあるメールが特定できるかも・・・!

ところが。
結果、この方法ではメールの特定はできませんでした。
受信成功したときに来ていたHTMLメールと同様のHTMLメールが、失敗した際にも来ていて、よくわからないままとにかく振り分け絞っていったら、結局メールは残りませんでした。
つまり、法則がなかったのです!!
同じサイトからの同じ形式のメールでも、成功したり失敗したりする。

そして、別の日Thunderbird出したままネットしてたら、急につながりにくくなる事態も発生。
なんでだ!!??と思ったら、「新着メッセージがないか10分ごとに確認する」という設定にしてあったのです。
もしやこれ?
だとしたら、10分経ったので受信しようとして失敗したってことなのでしょうか。

よくわかりませんが、とりあえずもう一度受信してみました。
再起動してない状態なので、やはり失敗らしく、受信に時間がかかりました。
しかし受信されたメールは、なんと1通だけ!
これが怪しいメールか!?
・・・と思いきや、なんとそれは普通のテキストメール。そんな馬鹿な!!
つまり、特定のメールが怪しいというより、サーバの方の問題?
それともサーバに残ったメールのコピーのせいなのか?

とにかく、「10分ごとに新着チェック」のチェックも外し、「サーバに残す」のチェックも外してみました。

そして、『nPOP』はこのソフト自体でもメール受信ができるので、今度はこのソフトを使ってメールを一通一通受信してみることにしました。
普通のメールソフトは「受信」でサーバにあるメールが全て送られますが、このソフトの一覧に表示されたメールはサーバにあるメールで、まだ受信前のもの。
一通一通、受信するかしないか選択できるのです。
これで、毎日来たメールを一通一通受信して、ブラウザに適当なページを表示させてちゃんとつながるかどうかを確かめ、問題がなければ、内容は普通にあとでThunderbirdでチェックすればいい。

ちなみに『nPOP』でのその手順は以下の通り。
起動したらまず郵便受けアイコン(新着チェック)を押して、サーバに来ているメールを一覧表示させる。
メールを一通ずつ、右クリックして「受信用にマーク」をクリック。
一通「受信用にマーク」をつけたら、次のメールにマークをつける前に、黄色いメールアイコン(?付き)(マークを実行)をクリックして、そのメールを受信する。
そしたら、ブラウザを立ち上げ適当にページを表示させて、すぐにパッとページが映ったら、そのメールは問題なし。
次のメールに移って右クリック「受信用にマーク」マークを実行、ページ確認。

この作業をしてThunderbirdを起動、受信すれば、必ず成功するはず!

・・・という期待は、もろくも崩れ去りました。

『nPOP』ではメール受信後普通にネットにつながったのに、
Thunderbirdで同じメールを受信したら失敗し、ネットにつながりにくくなりました。
・・・・・・・・・( ̄_ ̄|||)

そんなわけで、『nPOP』で一通ずつ確かめることは意味がないことが判明。
また、サーバにコピーを残そうと残すまいとエラーが起こることも今回証明されたので、受信と同時にサーバからメールを消すという設定にしておく必要もなくなりました。
ということで、設定を元に戻します。
ただし、サーバに残す日にちは14日から3日に変えました。

さて、その後。
こんな記事を発見しました。
ノートブックでネットにつながりにくくなる件
関係ないかな・・・バッテリー使ってないし・・・とか思いつつも、
2011年6月16日、この設定をしてみました。

コントロールパネル→パフォーマンスとメンテナンス→電源オプションで、電源オプションのプロパティダイアログを表示、
「電源設定」「ポータブル/ラップトップ」になっていたので、「自宅または会社のデスク」にしてみる。
ちなみに「電源設定」の「ポータブル/ラップトップ」とは何ぞやと思って調べたら、わかりやすく説明されている回答を見つけました。
Yahoo知恵袋の質問・回答
なるほど。
もはやバッテリーは、PC起動させて3分ほどしかもたない状態になってて、使い物にならないので使っていません。
節電効果も期待できないし・・・「自宅または会社のデスク」でいいかと。

で、メールはしばらく(1か月と少し)の間ずっと成功していました。(7月21日まで)
『nPOP』を使ってのチェックのあと、Thunderbirdで一通だけ受信したのが失敗して以来、一度も失敗してないので、もしや14日から3日にしたのがよかったのかもしれない・・・かも??
・・・と思ったのに、7月22日失敗。
確かめたところ、184通サーバにメールがありました。これは多いのでしょうか・・・?

わかりませんが、今度は3日を2日にしてみました。
これで、2日以上たったメールはサーバから消えます。
これでまたしばらく様子を見てみます。

ところが、2日後にまた失敗。
今度は87通しかないし、これが原因ではない感じ・・・。
来てるメールも、いつもと同じメールばかり。特別なメールはなし。
一体何が原因なのか・・・。


・・・と、このように、メール問題は一向に進まず状態でした。
ちょっとここで記事を切ります。
後半の記事はまた、近いうちにアップ予定です。
長いだけで意味のない記事をここまで読んでくださった方、感謝です><
では、また後半で。・・・そっちもあまり意味ないかもですが。
posted by 水沢藍 at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット体験談

2012年06月24日

続・メール受信できない時がある〜その2〜

235.続・メール受信できない時がある〜その2〜

さて、前回の記事続・メール受信できない時がある〜その1〜の後半です。

前回の記事の最初にも書きましたが、後半の記事にも一応書いておきます。
これは、メールソフトでメールを受信しようとすると、受信できるときとできない時があり、できるときは全く普通なのに、できないときはその後ネットにもつながりにくくなる。再起動して再びメール受信を行えば、普通に受信もでき、ネットにもつながる・・・という症状に見舞われたことについての記事です。

症状が起こり始めた2010年夏頃から、約2年。
現在は『直ってはいない、でもほとんど起こらない』という状態になっています。
今でも時々同症状が起こりますが、その頻度は激減しました。

それがどうしてなのかというのは、わかっていません。
つまり、原因、対策、解決法、そういうことは結局わからないままです。
それでも、この『メール問題』に関して、私が色々と調べ、実行したことがいくつかあります。
それを書こうと思います。

では、前半の続きをどうぞ。

(前回のラスト:2011年8月。
この問題が起こり始めて1年くらいが経っています。
メール受信の失敗データを取っていました)
2週間後の8月8日再び失敗。
来たメールに怪しいものはなし。
毎日受信しているメールばかりで、失敗の要素は全く見当たりません。
サーバのメールも78通しかなく、多すぎるとは思えません。

3日後、8月11日またまた失敗。
もちろんメールに怪しいものはなし。
サーバにメールは118通。
添付付きのメールをよこすサイトのいらないメルマガを一斉配信停止してみたものの、
あまり意味はなく8月15日も失敗。
怪しいメールはなし。

・・・このまま統計を取っていても、成功する時と失敗する時の差が全くなく、意味のある作業とは思えません。
何かとっかかりになることはないでしょうか。

メール受信を始め、エラーが起こる瞬間、何かが変化しているとか・・・
とりあえずメールソフトのステータスバーを見ていると、
エラーが起こったと思われるのは、「接続中(接続しています)」のときのようです。
つまり、このときに時間がかかりまくって、失敗したことを悟るのです。
Outlookではそのままエラーになって、メール受信はされずにネットにつながりにくくなり、Thunderbirdではその後受信が始まりますが、ネットにつながりにくい状況は変わりません。

私は接続・受信をひっくるめて「メール受信」だと思っていましたが、もしかしたら違うのかもしれません。
少しキーワードを変えて検索してみることにしました。

そして、新たなページを発見。
Windows XP - メールの送受信に時間がかかる場合
『Windows XP標準のファイヤーウォール機能を有効にした場合、一部のメールサーバーでは、メールの送受信が始まるまでに時間がかかる場合があります。この現象は、メールサーバーが[ident]と呼ばれるクライアント要求をした場合に発生することがあります。
以下の手順を実行することで、問題が回避される場合があります。』
とあるので、その手順をやってみました。
これでうまくいくといいんですが・・・。

スタート→コントロールパネル→ネットワークとインターネット接続→ネットワーク接続
で、一覧から「インターネット接続アイコン」を選んで右クリック「プロパティ」とのことですが、
なんか「1394接続」ってのと「ローカルエリア接続」、その他にも「ワイヤレス ネットワーク接続」、その下に「インターネットゲートウェイ」「ダイヤルアップ」など、いくつかのアイコンがあって、
・・・どれ?(゜ロ゜)

とりあえず「インターネット接続アイコン」なのだから、「1394接続」か「ローカルエリア接続」のどちらかでしょうか。

「1394接続」って何?
検索で調べてみると、「1394」インターフェールを持っているPCには自動的に表示されるアイコンのようですが、普段は使わないものとのことでした。
ってことは、つまり「ローカルエリア接続」アイコンですね。

「ローカルエリア接続」アイコンを右クリック。「プロパティ」でダイアログ表示。
「詳細設定」タブ「インターネット接続の共有」のところに「設定」ボタンがあるけど、上記説明ページのように表示された状態になってないので、押せません。
つまり、この設定ができない状態になっているのです。

困りました。
一応、「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可する」にチェックを入れると、やっと「設定」ボタンが表示されるようになりましたが・・・上記ページでは、チェックが入っていないのでどうしたものか。
とりあえずは設定できないと意味がないので、ひとまずチェックを入れて、「設定」を押してみることにしました。
「詳細設定」ダイアログ表示。しかし、上記説明ページのようにいくつもタブはなく、「サービス」タブのみでした。
とりあえずページ通りに「追加」で、新しいサービスを追加してみました。ちなみに名前は「メール問題」。
そしてそのあと「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可する」のチェックを外しました。

・・・しかし、これって意味があるんでしょうか?
上記ページでは「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可する」のチェックは外されていますが、私の場合これにチェックを入れないと「詳細設定」ダイアログを出すための「設定」ボタンが表示されないので、しかたがなくチェックを入れて、設定した後チェックを外しました。
でも、それって・・・その設定自体が、無効になったりしないのでしょうか。
「この機能を使うから、設定するよ」「設定したよ」「この機能は使わないよ」
・・・おかしくないですか?(゜ ゜)
もしそうだとしたら、この設定って一体・・・。

しかしとにかくとりあえずこれで様子を見てみます。

で、あっさり8月18日に失敗。
今度は「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可する」にチェックを入れてみました。
やっぱり、設定自体無効になっている可能性があるのかも・・・。

そしてその後・・・
なんと、しばらく失敗しないではありませんか!ヽ(゜∀゜)ノ
これが正解の設定だったのか!?

・・・と喜んだのもつかの間、
その日はやってきました。
10月30日、失敗。

・・・(゜Д゜|||)

ひと月以上も全く問題なかったので、メール問題は片付いたのかと思ったのに・・・

しかし、この時ふと思ったのは、
かならずしもメール受信が原因でネット不通が起こっているわけではない、ということ。

つまり、ときどき『ネット不通』が起こることがあるのです。
それの原因もわかってはいませんが、
『ネット不通』は二通りあり、
メール受信に失敗したことで起こるネット不通は、「つながりにくい(長い時間待っていればつながる)」というもので、
メール受信を行っていないのに起こるネット不通は、「つながりにくい」ものと、「完全につながらない」ものがあるようです。
どちらもPC再起動で直りますが、一回の再起動で直ることもあれば、二回やらないと直らないこともあります。

それは「毎回」とか「頻繁」ではなく、ほとんど正常で、「たまに」起こります。
その時変わったことや変わった設定をしたわけでもなく、いつも通りに起動させて、ネットにつなごうとしたら重かったり、軽いソフトを立ち上げただけでフリーズしたり。
だからこそ、原因の特定や回避方法が見つからず、困るのですが。

さておき、今回のそれがメール受信によるものなのか、「たまに」起こったネット不通の方なのか、
確かめるには、PC起動してすぐにメールソフトを起動させるのではなく、まずブラウザを起動し、ページをいくつか表示してみて普通につながっている、という状況にしてから、メール受信を行う。
これなら、まぎらわしいことにならず、どちらが原因のネット不通なのかがわかります。

で、11月13日、失敗。
確実にメール受信が元でのネット不通です。

あの設定後、しばらく失敗がなかったので、あの設定でもう大丈夫なのかと思っていたのに・・・。
もう大丈夫だとしたら、また起こるはずがないし・・・
やっぱりただの偶然でしょうか?
あの設定後に起こった10月30日の失敗も、たまに起こるネット不通のせいじゃなく、やはりメール受信が原因だったのでしょうか?(どちらかわからなかったけど・・・)

いや、もしかしたら今回たまたま、それこそ何かの偶然で失敗した・・・ように見えたとか、ともかく一回くらいそういうこともあるかもしれない。
10月30日のがメール受信のせいだとしたら、一回じゃないけど・・・それはなかったことにして、
もう一度起こったら、少なくとも「あの設定で完全に直った」とは言えない、ということがわかります。
しかしこれ以後起こらなければ、あの設定で直ったと言ってしまってもいいかもしれない!
あきらめるのはまだ早い!

が。

12月30日。メール受信が元でのネット不通、再び・・・。

・・・・・・・( ̄_ ̄|||)


そして現在。
2012年、すっかり忘れた頃に一度(5月1日)、やはりメール受信を失敗、ネットにつながらなくなる例の症状が起こりました。

丸4か月も成功していたのに、しつこいやつです。

・・・・で。
結局、起こる原因を特定できたわけでも、確実に起こらないようにできたわけでもないので、あの設定で直ったと言ってしまっていいのか、私にはわかりません。

ただ、あの設定後、頻度が減ったことは確かでした。
その後も数回失敗してはいますが、それ以前の失敗率に比べると、格段に下がっています。
「あの設定で直った」とハッキリ断言はできませんが・・・少なくとも、私には「有効だった」と言えるのではないか、と思っています。

でも、だとしたら、こうして時々起こるのが不思議なので、本当はそのせいじゃないのかもしれないけれど・・・(本当にあやふやですみません)

そしてもう一つ心配なのが、あの設定で、参考にしたページでは「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可する」にチェックを入れてなかったことです。

この「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可する」が意味するものが何なのかわかりません(言葉の意味がよくわからない)ので、チェックを入れてしまっていいものか、よくわからないのです。

入れてしまってもう相当経ってますけど(; ̄ー ̄)

しかし、これについて調べたときはメール問題についてのことを調べた時であり、それとの関連を調べていたので、ほとんどの記事は関係がないと思って、スルーしていました。
もう一度調べてみようと思います。(というか、さっさと調べればよかった・・・すっかり忘れていて、今思い出しました。)


そんなわけで、私のメール問題は、解決してはいませんが、ほぼ片付いた状態になっています。
あやふやな部分があるのでおすすめはできないのですが、この設定をしてみようかな、と思われた方は、その前に「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可する」について調べてみて、大丈夫そうだと思ったら実行してみてください。

また、このことについて詳しい方がいらっしゃいましたら、この記事にコメントを下さると、訪れた方にもわかりやすくていいと思います。
よろしければ、どうぞコメントくださいな(*´v`*)

さて、前半と後半と、合わせて本当に長い記事になりました。
ここまで読んでくださった方、お疲れ様でした!
posted by 水沢藍 at 22:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | ネット体験談
  にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
   ネット体験談 総目次1
   ネット体験談 総目次2
   ネット体験談 総目次3
   カテゴリ別目次
    ・「パソコン関連」
    ・「ネット関連」
    ・「サイト作り関連」
    ・「さくら(ブログ)関連」
   ポイントサイト目次
   日記目次
   好きな曲紹介目次
   それぞれの目次ページに飛べます。他の記事をご覧になりたい時にご活用ください。

トップページへ戻る