にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
  にほんブログ村に登録しています!(^-^ )

2010年06月30日

サーバーに送ってしまったファイルを削除

203.サーバーに送ってしまったファイルを削除

2010年1月、サイト開設から2年半くらい経った頃の体験談です。

サイトを開設して2年半。
現在も、定期的にサイトの更新・・・つまり、新しいwebページを作成し続けています。
最初は100ページほどだったサイトも、500ページ以上に増えました。

そうすると、どうしても訪れる悩みというものがいくつか出てきます。
何だかんだで、どうにか解決したりやりすごしたりしていますが・・・

今回は、これ。

サーバーに送ってしまったファイルを、削除したい。

単にファイルの中身を取り替えたいということであれば、上書きして送信でOKです。

間違えて送った場合・・・は滅多にありませんが、そのファイル自体がいらないものになった場合。
例えば、あるページを別のディレクトリに移したくなったときは、別のディレクトリにそのページを増やし、元ファイルは削除・・・これが一番いい方法です。

ホームページビルダー正規版にはファイル削除機能がついていますが、
(FTPツールを使ってできるようです)
私達の使っているビルダー10のライト版では、その機能が使えません。

ということを知り、一度送ったファイルは削除できないのか・・・とガッカリしておりました。

が、発見しました。
ライト版にも、サーバーに送ったファイルを削除する方法があったのです!

正規版のように、FTPツールを使って、ピンポイントでそのファイルひとつを削除するということはできませんが、
「サーバー上の未使用ファイルを削除する」という方法があることが判明しました。

「サーバー上の未使用ファイル」とは、サーバー上に転送されたファイルだけど、現在サイトのページとして使用されていないファイルのこと・・・だそう。
具体的には、サイトのどこからもリンクされていないページや、サイト内のどこにも使用されていない画像ファイルなどです。
それを検出できる機能がライト版にもあり、検出されたページは個々に削除することができます。

つまり、サイトページから、削除したいページへのリンクを外し、上書き送信。
これで削除したいページが「サーバー未使用ファイル」に。
そしてこの機能を使って検出&削除で、
削除したいページを見事削除できるということに。

【「サーバー未使用ファイル」を削除する具体的な手順】
※ホームページビルダー10ライトでの手順です。

1.「サイト」メニュー「転送設定」から、「サーバー未使用ファイル検索」を選択。
2.サーバーに接続し、パソコン内のサイトと、FTPサーバーを比較して、サーバーに転送されたファイルの中から、サイトに使用されていない(と認識されている)ファイルが検出されます。

検出されるファイルは、
トップページからリンクがたどれないもの
パソコン上には、存在しないファイル

です。
パソコン上には、存在しないファイル・・・というのは、サーバーにはあるけど、パソコンの中にはない(捨ててしまった)ファイルのことでしょうか。

しかし、
“ここで、検出される不要ファイルの中には、実際に必要なファイルも含まれる可能性があるので、「削除」する前に、「ブラウザで確認」ボタンを利用して、本当に不要なファイルかどうかをチェックしてから削除するようお願いします。”
との注意書きがあります。

3.「未使用ファイル検索結果」ダイアログに、検出されたファイルが表示されます。

この中から、削除したいページを削除していきます。

しかし、ここで注意したいのは、先ほどの注意書きにもあった通り、
ビルダーが認識しないファイルも、未使用ファイルとして検索される
というところ。
つまり、実際に使用しているファイルなのに、「不要ファイル」として検出されてしまうことがあるということです。

なので、検出されたファイルを全部削除してしまうと、大事なファイルも削除してしまうことになりかねません。
一つ一つ確認できるので、本当に不要ファイルかどうか確かめてから、削除します。

この確認が楽にできるように(「ブラウザで確認」ボタンが使えるように)するべく、
「サーバートップURLの変更」ボタンを押して、サイトのトップページのURLを入力します。
これで、表示された個々のファイルを選択したとき、「ブラウザで確認」ボタンが使用可能になります。
一つ一つファイルをブラウザで確認し、本当に要らないファイルかどうかチェックします。

4.要らないファイルと確信したら、「ファイルの削除」ボタンを押します。

これで、そのファイルがサーバーから削除されます。
削除されたページのURLをブラウザのアドレスバーに打ち込んでも、もうそのページは表示されません。


ところで・・・
実際は使用しているのに、「不要ファイル」として検出されてしまうファイルとは、具体的にどんなファイルでしょうか。

ビルダーのヘルプによると、
・どのページからもリンクされていないファイル
・スクリプト内で使用しているファイル
・Javaアプレット内で使用しているファイル (ビルダー付属のサンプルJavaアプレットは除く)
・CGI内で使用されているファイル
・サーバー上で生成されるファイル(掲示板やチャットなどにより生成されるファイルなど)
などが、この機能により検出されてしまう可能性があるファイルだそうです。

私達は、「どのページからもリンクされていないファイル」が検出されることを利用して、削除したいページを削除できるようにしているので、この点は逆にありがたいわけですが、
ただ単にリンクし忘れていたページでも、検出されるということですね。
これは、リンクし忘れているページがないかどうかのチェックにも使えそうです^^
「ブラウザで確認」を怠らなければ、実際に使用しているファイルなのか要らないファイルなのかは簡単に判断できるので、やっぱり確認が重要です。


ちなみに、この機能で検出してみた結果、
なんとうちのサイトの未使用ファイルは数百にのぼることが判明しました。

一体どんだけあるんだ、そして何でだ、と思ったところ、わかりました。

どうやら、2年前のサイト内大改革の折に出たゴミファイルでした。
2年前、URLに半角スペースを使っていたところ、HTMLソース採点にて「やめた方がいい」ということが判明し、スペース埋めをやったのです。

しかしそれは、サーバーに送ったファイルを直したわけではなく、
自分のパソコン内にあるファイルの名前を直し、サーバーに送ったということで、
サーバーには直す前のファイルと、直した後のファイル両方があるということになっていたわけです。

全然思ってもいないことでした。
しかし考えてみれば、サーバーに送られたファイルを削除した訳ではないのだから、
サーバーには最初のスペースありURLファイルと、新しいスペースなしURLファイルの両方があるというのは当然のことでしたね。

これだけのゴミファイルがweb上を漂っていたことにビックリした私。
相当数のファイルが検出されてしまい、これを一つ一つブラウザで確認しながら・・・というのは大変だし、スペースありURLファイルは全部ゴミということがわかっているので、スペースありURLファイルのみ、まとめて選択、削除しました。
(Ctrlキーを押しながらファイルをクリックすることで、まとめて選択できます。削除時に一つ一つ確認メッセージは出ますが・・・)

今後も、送ったあとでURLを変更した場合などは、この機能で元ファイルを削除しておく必要があるということを認識いたしました(; ̄∇ ̄ )

漂っているゴミファイルにも検索ロボットが巡回していたとしたら、そこにたどり着いてしまう方もいらっしゃるかもしれませんもんね。
posted by 水沢藍 at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | ネット体験談
この記事へのコメント
コメントを書く (メールアドレスを記入するとエラーになる場合があります)
お名前: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39359298
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ASUS EeePC1001HA 10.1型液晶 Intel N270搭載 ホワイト EEEPC1001HA-XPWH |
Excerpt: ASUS EeePC1001HA 10.1型液晶 Intel N270搭載 ホワ...
Weblog: これ欲しい
Tracked: 2010-07-09 18:24
  にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
   ネット体験談 総目次1
   ネット体験談 総目次2
   ネット体験談 総目次3
   カテゴリ別目次
    ・「パソコン関連」
    ・「ネット関連」
    ・「サイト作り関連」
    ・「さくら(ブログ)関連」
   ポイントサイト目次
   日記目次
   好きな曲紹介目次
   それぞれの目次ページに飛べます。他の記事をご覧になりたい時にご活用ください。

トップページへ戻る