にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
  にほんブログ村に登録しています!(^-^ )

2008年01月16日

「初心者」というもの

61.「初心者」というもの

2007年10月、パソコン暦1年を迎えた頃の体験談です。

私は、このブログのタイトルもそうですし、ブログの内容でも、何度も「私は初心者です」という言葉を使っています。

それはなぜか、というと、

もちろんホントに「初心者だから」という理由もありますが、
何度も言っている通り、私は「初心者の方のための」ものを作りたいからです。

サイトにしろ、ブログにしろ、初心者の方が安心して見られるものにしたいのです。

私が何もわからないまさに「初心者」の頃、
いろんなサイトをめぐって、困ったり助かったり色々ありました。

そして、初心者の方に優しいサイトを作ろうと決めました。

だからこそ、私は「初心者」という言葉を使います。

何に困って、何を望んで、何に安心するか。
同じ「初心者」だからこそ、その気持ちがわかると思うからです。

しかし。

ネチケットなどが書いてあるサイトを数々見てみると、
「初心者」という言葉について、批判的なものが数多く書かれていました。

そのほとんどが、掲示板での「初心者だから」という言葉に対してのものです。
「初心者」という言葉を免罪符にして、傲慢だというお話です。

「初心者だからわかりません」
「初心者だからわかりやすくお願いします」
「初心者だから馬鹿な質問してゴメンナサイ」

これらの言葉は、
初心者の方が何もわからない状態で、焦って質問を書き込んだりした際によく書かれるものなのだそうですが、
これが質問を受ける立場の人たちにとってとても迷惑だ、ということです。

確かに、傲慢な気持ちでそれを書き込んだのだとしたら、迷惑だし、いけないことです。
答えてくださる人たちは、何の見返りもなく、ただ親切で教えてくれるだけなのですから。
「さあ、教えやがれ」みたいな態度は、とんでもないことと思います。


でも、そうではない初心者の方もいます。

初心者は、何もわかりません。
だから調べますが、何をどう調べたらいいのかもわかりません。
それでも調べますが、調べて得た答えが、本当に知りたいこととは少し違っていることもあります。
だけどそれが、「違うような気がする」という程度で、「どこがどのように違うか」すらも、よくわからない状態だったりもします。

パソコンに慣れてくると、何か「おかしいな」ということがあっても冷静に対処できます。
上手く解決できるかどうかは置いておいたとしても、何かあったからといってすぐに焦ってあわてるようなことはあまりありません。
冷静に調べて、それでうまくいかなかったとしても、掲示板でも冷静に事細かに説明して質問することができます。

だけど初心者は、
「どうしてできないの!?」
「何か間違ったことをしちゃったの!?」
「もしかして壊れちゃったの!?」
といった、焦りの感情で支配されます。

わからないことを一から調べて、調べるとまたわからないことがあるからそれも調べて、さらにさかのぼって調べて、あらそうこうしてたら何時間も経っちゃった、などと悠長なことをしていられなくなります。

とにかく一刻も早く問題を解決したいと、あわててしまうのです。

そして、あわてているものですから、冷静な文章を書くこともできません。
質問の際に必要な、自分のパソコンの情報についてもわからないし、それが質問に必要なことだということさえ、知らないのです。

長い掲示板の、過去スレに似たような問題があっても、見落としたり、「これと同じことなのかどうかもよくわからない」という気持ちによって、とにかく質問してしまったりします。

私も一度だけありました・・・。
(私は掲示板を使うのに躊躇してしまってあまり書き込むこと自体ないんですが)

そういった焦りの質問を受けた中級者以上の方々は、「傲慢」だと、厳しい言葉を返したりもします。

確かに初心者の方の焦りが原因ですから、お叱りもごもっともかもしれません。

「わからないなら調べて、それでもわからなかったら、一からきちんと説明して、答える人にとって負担にならない聞き方をすることが必要」

それは正論で、確かにその通りです。

でも、初心者の方に悪気がない場合もあると、私は思うのです。

迷惑をかけて当然だという気持ちもなく、本当にただ困り果てて焦ってしまって、失礼なことをしてしまったと、後になってそれを知ることもあるのだと。

これは、初心者弁護かもしれませんね・・・(>_<)

掲示板でも、初心者の方をかばったレスに対して、
「悪気がなければ何をしてもいいのか」とか、「悪気がないのは余計タチが悪い」とか、お怒りのレスがついていることが多いです。


でも私は、「だから初心者には優しくしてください」と、言うつもりは全くありません。

「初心者です」と書くことによって、嫌な思いをする方がいらっしゃるのも事実です。
そして、お怒りの内容も、もっともだと思うからです。

お叱りを受けて、失礼なことだったと反省し、もう二度と同じことをくり返さないようにしようと思う方もいるでしょうし、それはそれで必要なことだとも思います。

ただ、初心者の心理というものを、心のどこかに留めておいてほしいなと、ちょっとだけ思ったのです。

けして、迷惑をかけたくてかけたわけでもなく、本当に心から「あんな質問をして悪いことをしてしまったな」と反省している初心者もいるんだって、ことを。

気分を害された方、・・・ごめんなさいm(;_;)m


最初はみんな初心者です。

初心者だからって何でも人任せにしてはいけないと思うけど、自分一人ではわからないことが、やっぱりある。

だから・・・

傲慢な人とそうではない人と、ちゃんと見極められるといいですね。

そうしたら、みんなが気持ちよくその場を利用できるから。
posted by 水沢藍 at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット体験談
この記事へのコメント
コメントを書く (メールアドレスを記入するとエラーになる場合があります)
お名前: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9542266
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
  にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
   ネット体験談 総目次1
   ネット体験談 総目次2
   ネット体験談 総目次3
   カテゴリ別目次
    ・「パソコン関連」
    ・「ネット関連」
    ・「サイト作り関連」
    ・「さくら(ブログ)関連」
   ポイントサイト目次
   日記目次
   好きな曲紹介目次
   それぞれの目次ページに飛べます。他の記事をご覧になりたい時にご活用ください。

トップページへ戻る