にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
  にほんブログ村に登録しています!(^-^ )

2010年02月15日

バンクーバー五輪ジャンプ個人ノーマルヒル

とうとう始まりました。カナダバンクーバーオリンピック

私の楽しみは、ジャンプと男子フィギュアスケート
その様子を書いていきたいと思います。
興味がある方はどうぞ♪

なお、結果についてはもちろんネタバレしますので、まだ観てないという方はこの先はお読みにならないでくださいね〜(^O^)

まず最初はジャンプ個人ノーマルヒル。
開会式前に予選があり、翌日決勝。
日本からは葛西選手・伊東選手・竹内選手・栃本選手の4人が出場しました。

50人中40位までに入れば、予選通過となります。
決勝は、予選を勝ち抜いた40人と予選免除者10人を足した50人で。
「予選免除」は今季ワールドカップ個人総合10位以内の選手で、無条件で決勝に進めます。


日本選手4人は、全員予選を通過しました!(*´▽`*)
とくに葛西選手と伊東選手はいいジャンプを見せてくれました。

しかし、アホネン、マリシュ、アマン、モルゲンシュテルン・・・見覚えのある強豪がズラリと勢ぞろいしていて、一筋縄ではいかない感じです。
予選免除者ということは、当然ランクが上だから・・・ということはわかっているのですが。
それでも、やっぱり日本選手に期待してしまいますよね〜。

そして翌日の決勝。
決勝では2回のジャンプが行われ、その合計得点で順位が決定します。
1回目のジャンプで30位までに入れなかった選手は、2回目を飛ぶことができません。

日本選手4人とも2回目を飛んでほしいと思いましたが、
竹内選手と栃本選手は、34位と37位で、2回目には進めませんでした・・・(>_<。)
でも、まだ若い両選手。初めてのオリンピックだし、次の経験になればと思います。

2回目に進めたのは葛西選手(19位)と伊東選手(10位)。
メダルはともかく、いい結果が期待できそうなジャンプでした。

そして・・・結果は、
伊東選手15位、葛西選手17位となりました。

テレビでよく観る試合はラージヒルが多かったので、ノーマルヒルの彼らのジャンプはあまりよく知らないのですが、どちらかと言えば、ラージヒルの方が得意そうな印象を受けました。
葛西選手はこのノーマルヒルのジャンプで、踏み切りのタイミングが合ってきたそうで、ラージはかなり期待してます!

葛西選手は6度目のオリンピック出場で、最多だそうです。
長野での悔しさが、今でもジャンプを続けるバネになっているとのこと。
五輪でのメダル・・・葛西選手にとってほしいなあ(>_<)

でもとにかく、メダルよりも何よりも、選手が納得行くベストのジャンプをしてくれることを期待します♪

ジャンプ個人ラージヒルは20日、21日に行われる予定。
頑張って応援します!!


それにしても・・・
1位になったスイスのシモン・アマン選手はホントにすごかった・・・。
1回目も2回目も最長不倒。実力の違いを見せつけましたね。圧巻でした。
2位のマリシュ選手も結構好きな選手♪
ラージヒルでも強力なライバルになるので素直に喜べませんが(;´∇` )

(2009年2月15日 水沢藍)

2010年02月21日

バンクーバー五輪男子フィギュア

ショートプログラム・フリー合わせて、たーっくさんの選手の演技を観られてホントに幸せでした(≧▽≦)ノ

日本からは高橋選手織田選手小塚選手が出場。
これだけ男子フィギュアがクローズアップされるのも、選手のみんなが頑張ってくれてるからですね。

しかし・・・そんなわけで、
観るのに精一杯で、細かく記事を書こうと思ってましたがその時間が取れず・・・
観てからだいぶ経ってしまったので、色々忘れちゃいました(>_<)
日本選手三人を中心に、ちょこっとだけ書きます。
姉・桃子のブログはわりと細かく書けてるので、よろしければそちらをどうぞ。

ショートプログラムでは、終わった後、日本人三選手がみんな笑顔だったことが嬉しかった。
やっぱり、ある程度自分で納得いく演技ができないと、笑顔にはなれないですよね。
だからみんな笑ってて、「ああ、いい演技できたんだな」って、嬉しかったです(*´▽`*)
小塚選手は曲の最後の音が出なかったみたい(?)で驚き顔もしてましたが・・・。

そしてそして、プルシェンコ
彼が戻ってきてくれたのは、やっぱり嬉しいです。
メダルのことを考えると、ちょっと複雑ではあるけど・・・それでも、彼の演技はホントに素敵なので。
ショートプログラムでは堂々1位。
芸術点が低かったので驚きましたが・・・(そんなに低いような気がしなかったけどな〜)。

悲しかったのは・・・やっぱりジュベールです(ノ_-。)
彼は五輪直前に怪我をして手術していたので、すごく心配だったけど・・・ちゃんと出場できていたので、私たちは大喜びでした。
でも、ショートプログラムで得意の4回転ジャンプを失敗・・・。
その他のジャンプでも失敗を重ね、なんと18位に・・・。
あのジュベールが。ジャンプが得意だったジュベールが。笑顔も当然、見られるはずもなく・・・。・゜・(ノД`)・゜・。

フリーでもジュベールの演技は観られましたが、やっぱり失敗・・・。
オリンピックで彼の演技が観られるのはこれが最後かもしれないのに、悲しい結果になってしまいました。
彼のいい演技と笑顔が見たかった・・・。


しかし、気を取り直して、日本人三選手を応援します。
まず最初は小塚選手
小塚選手はショートに続きフリーでもジュベールの次の滑走順だったので、私たちが気落ちしている状態で登場して、ハッとさせられました(; ̄∇ ̄ )

そしてそんな私たちの目を覚まさせる、4回転ジャンプ!!
な、なんと、今まで成功したことがないという4回転を・・・この大舞台で成功させるなんて!!Σ(゜Д゜;)

その後一回転倒ありましたが、相変わらずスピンはキレイで速いし、小塚選手らしい滑りを最後までキープ。
終わったとき、ガッツポーズと最高の笑顔!!
これよ〜! これが見たかったのよ〜〜!ヽ(´▽`゜)/

そして織田選手
ビックリしました・・・・。
まさか、あんなことになるなんて・・・・。

途中のジャンプでの転倒の際、なんと演技を中断・・・。
どこかを痛めたの!?と心配しましたが、そうではなく、靴紐が切れたとのこと・・・。
中断し、切れた靴紐をつないで、再びリンクに戻りました。
会場の声援が後押しとなり、その後の演技はとてもよかったと思います。
あの状況で、よくパニックにならずに演技ができたなあと、感心しました。
でも、その中断で2点も減点に・・・。
会心の笑顔は、当然見られませんでした・・・(;_;)

そして最後、希望の星高橋選手です。
最初の4回転で転倒し、私たちは「ああ〜〜〜〜!!(≧Д≦;)」とテレビの前で悶絶。

でも、その後は大きなミスなく、とっても高橋選手らしいいい演技でした!
彼のステップは、何度見ても楽しい気分にさせてくれます(*´v`*)
ドキドキハラハラしながら見守っていたら・・・
終わったあと、会心の笑顔。ガッツポーズ。
私たちはテレビの前で大喝采。
よかった〜〜〜〜〜。


世界王者ライザチェック選手の演技は圧巻でしたね。
4回転は飛ばないことにしたようですが、ジャンプのあの見事な安定感は何でしょう。
長い手足を活かしたキレのある動きは、まさにダイナミックのひとこと。
素晴らしい演技で、金メダルを獲得しました。

そして前回金メダルのプルシェンコ選手
やっぱり4回転3回転のコンビネーションをバッチリ決めてくるあたり、王者のプライドを感じました。
少しジャンプが危なげなところもあって、ハラハラしたのですが・・・
1位と僅差で銀メダル獲得。
フリーでは芸術点も高めで、さすがという感じでした。

そして・・・・銅メダルが、
なんと・・・!!!!


そう、
高橋選手です!!.:*・。ヽ(´▽`)/。.:*・°

日本男子フィギュア界初のメダル獲得!!
素晴らしい快挙です。
まさか、そんなことがあるなんて・・・・・!

高くて高くて、遠かった表彰台。
日の丸が登っていくあの場面は、遠い夢でした。
それが本当に、現実になる日が来るなんて・・・。

高橋選手に期待はしてたけど、それでもメダルは本当に大変だから・・・無理かもなって、ちょっと思ってました。
メダルを狙うなら4回転を回避した方がいいんじゃないか・・・とも。

でも、高橋選手は果敢に挑みました。
結果は・・・転倒。
でも、挑戦することが何より、高橋選手にとっては意味があったそうです。
失敗を恐れずに挑んだからこそ、あの後の演技が最高のものになったのかもしれませんね(*´ー`*)

私たちの期待以上の頑張りで、
彼は、日本じゅうの人に、夢をつかんで見せてくれたんですね!

ありがとう、高橋選手。
そしておめでとう!!


そして、織田選手が7位小塚選手が8位入賞。

織田選手は、あのアクシデントを乗り越えてのこの順位。
本当に素晴らしいです。
とてもかわいそうなことになってしまったけど・・・これをバネに、今後も頑張っていってほしいです。

そして小塚選手も、会心の演技で入賞を果たしました。
2年位前は、まさかこんなに成長するとは思ってもいなかったです。
これからがますます楽しみな選手になりました!

日本選手3人が、全員入賞するなんて、これもまた奇跡のような快挙です。

みんな、本当に頑張ってくれました。
感動をありがとう。
みんなみんな、おめでとう!


そして、おつかれさま。
元気に日本に帰ってきてくださいね(*´▽`*)

2010年02月23日

バンクーバー五輪ジャンプ個人ラージヒル

とうとう来ました、ジャンプ個人ラージヒル。

ところが・・・
岡部選手がエントリーしていません!!(゜Д|||

どうやら、代表落ちしてしまったようです・・・。
私たちは、葛西選手と岡部選手を期待していたので・・・悲しいです。

そんなわけで、日本からはノーマルヒルと同じメンバーが出場することに。
葛西選手、伊東選手、竹内選手、栃本選手です。

まずは予選。
ノーマルヒルと同じく、50人中40位までに入れば、予選通過となります。
決勝は、予選を勝ち抜いた40人と予選免除者10人を足した50人で。
「予選免除」は今季ワールドカップ個人総合10位以内の選手で、無条件で決勝に進めます。

日本の4選手は、全員予選通過!(*^▽^*)
とくに、葛西選手と伊東選手は大大大ジャンプ!!
なんと、予選ワンツートップ通過♪

が。

ここでもやってくれました、アマン選手(ノーマルヒル金メダル)・・・(>_<)

予選免除者は練習ジャンプのようなものなので、スタートゲートの位置も好きに変えて飛べます。
あまりゲートが高いと飛ぶ選手にとっては飛びすぎて危険なので、ここでの予選免除者のジャンプは、決勝でのゲートの位置を決めるための重要な基準にもなります。

そう・・・危険なジャンプをしてくれたのですよ、予選免除のトップ、アマン君が(T-T)

予選のゲートは20番(ゲートの高さの番号。数が大きいほど高くなる)だったのですが、アマン選手は14番(20番からは3メートル下)まで下げてジャンプしたにもかかわらず、なんと140メートルの大ジャンプ。

これで、予選のような大ジャンプはほぼ無理に。
決勝ではどこまでゲートが下げられてしまうのか!?


そして決勝・・・

スタートゲートは、ななな、なんと12番(TロT)
予選より4メートルも下のゲートからのスタートになってしまいました。
この低さには日本選手もみんなビックリだったようです・・・。

どうやら、試合前の試技で13番から飛んだアマン選手がヒルサイズ(140メートル。これ以上飛ぶと危険)越えのジャンプをしてしまったため、12番スタートになったとのこと。
うう〜〜〜アマンめ・・・すごすぎるんだよ!!

というわけで、日本の4選手はみんな、思ったようなジャンプができず。
とくに竹内選手、栃本選手はノーマルヒルに続き、2本目に進むことができませんでした(ノ_-。)

1本目終わって葛西選手は21位、伊東選手は30位タイという成績・・・。
上位30位までが2回目に進めるので、二人ともギリギリ通過はしています。
でも、伊東選手はもちろんのこと、葛西選手だって21位からではメダルどころか入賞も難しい・・・。
私たちはあまりのことに、テレビの前でがく然・・・。

しかし、2回目。
まず伊東選手が128.5メートルの大ジャンプ!
なんとゲートはさらに下げられ、11番スタートとなっていたので、これはすごい飛距離だそう。
なぜさらに下げられたかと言うと、例にもれず1本目でアマン選手が144メートルのとんでもないジャンプをかましたからです(=_=;)

そして葛西選手。
ビックリしました!!

135メートルのビッグジャンプ!!!

そして会心の笑顔・・・ヽ(´▽`゜)/

葛西選手はその時点でもちろんトップに。
その後も、何人も何人も葛西選手を追い越す選手は現れず・・・。
その間ずっと、何度も葛西選手の笑顔が画面に映って、私たちは大喜び。

もうこうなってくると、私たちは「ぜひ入賞して欲しい!」という期待でテレビに釘付け。
会場にいたらフクロにされそうな声援(?)を飛ばしながら、他の選手の失敗を祈る(; ̄∇ ̄ )神聖なオリンピックでコイツらは・・・
ついにトップの座を譲り、この先は1本目の貯金もあるから、葛西選手が上回るのは難しいかも・・・という状態に。
しかしそれでも「あと2人下に行ってくれれば入賞だよ」「あと1人!」と応援(じゃない)する私たち。

でもやっぱり順位が落ちていく葛西選手・・。
もうダメだ・・・と、私たちが絶望しかけたそのとき・・・
運命は、葛西・・・というか私たちに、微笑んでくれました。

1本目3位につけていたハウタマキ選手が・・・
まさかの失敗・・・・(゜ロ゜)


.:*・。ヽ(´▽`)/。.:*・°(最低)


ええもう、最低ですが大喜びしました。
ホントにごめんなさいごめんなさいm(−_−;)m
ハウタマキ選手はものすごくかわいそうでしたが・・・でも、彼はこの瞬間私たちのヒーローになりました。(そんなヒーロー嬉しくない・・・)


21位からの8位入賞は、葛西選手もとっても嬉しかったみたいです(*^▽^*)
ずっとずっと、「悔しい思い出しかないオリンピック」ばかり経験してきたと言う葛西選手。
1本目で終わっていたら、きっと今回も同じ悔しさで終わってしまったと思う。
この2本目は、葛西選手にとっても最高のものになったようです。
そして「11番ゲートで135メートルを飛べたことは自信になる」と言っていました。
まさに、団体戦につなげる、素晴らしいジャンプだったと思います。
本当に感動しました!!

そして伊藤選手も、2本目の大ジャンプのおかげで、順位を20位まで上げました!
二人とも、団体戦に向けて結果を残せるジャンプができたことは、本当によかったと思います。


もちろん金メダルはアマン選手。
銀メダルはマリシュ選手、銅メダルはシュリーレンツァウアー選手。
ノーマルヒルと同じ結果になりました。
3人ともすごく嬉しそうで、なんか気持ちよかったですね(*^▽^*)


いよいよ団体戦・・・。
今回、2回目に進めなかった竹内選手、栃本選手も、気持ちを切り替えて頑張ってほしいなと思います。

そして岡部選手・・・(T-T)
このラージヒルを見ていたときは、団体こそは岡部選手に出てほしい!と思っていましたが、今現在記事を書いている時点では、もうすでに団体に岡部選手が出ないことを知ってしまっています。
多分もう最後だから、見たかったな・・・。
でも、オリンピックは最後でも、岡部選手がジャンプをやめるわけじゃない!
私たちは、これからもずっと応援します!

とうとうジャンプも残りひとつ。
私たちにとっては、オリンピックが終わりに近づいてきたって感じです。
ああ〜淋しいな(>_<)

2010年02月24日

バンクーバー五輪ジャンプ団体

とうとう、ジャンプ競技ラストの団体戦

ノーマルヒル・ラージヒルと、圧倒的な強さを見せたアマン選手がいるスイスは、有力選手4人を揃えられず、団体は出場なしとなったようです。
ジャンプ選手が少ない国だったんですね。でも多分、アマン選手の影響で、あと数年先には強豪が続々出てくるような気もしますが(^−^;)

日本からは葛西選手、伊東選手、竹内選手、栃本選手の4人が出場。
岡部選手は、応援参加という形になってしまいました・・・(ノ_・。)
こうなったら、岡部選手の分までみんなには頑張って遠くまで飛んでほしい!

団体に出場する国は全部で12カ国。
1回目、各国4人の合計点で国別の順位を決めます。
そして、8位までの国が2回目進出となります。

日本の順番は、1番手伊東選手、2番手竹内選手、3番手栃本選手、4番手葛西選手です。

今回、オーストリアが圧倒的な強豪チームなので、さすがに金メダルは難しいだろうけど・・・
それでも、全員がベストのジャンプができればいいなと思っていました。

しかし・・・
やっぱり、1回目はもろもろあって、みんな満足いくジャンプが飛べなかったようです(ノ_-。)
けして悪いジャンプじゃない・・・でも、最高のジャンプではない。
唯一、葛西選手が130メートルを超えるジャンプを見せてくれましたが、1本目終わった時点で日本は5位。

でも、2回目に進むことはできました。
2本目こそ、全員が飛んだあと笑顔になれるようなジャンプを!(>_<)


そんな私たちの祈りが通じたのか、
1番手伊東選手が133.5メートルの大ジャンプ!
続く竹内選手も1本目より飛距離を伸ばし
3番手の栃本選手も132メートルのジャンプを見せてくれました。

そして・・・

4人目の葛西選手。
140メートルのヒルサイズジャンプです!!ヽ(゜∀゜)ノ

まさに、「お見事!」と言う他ない、素晴らしいジャンプでした。


結果は・・・
5位でした。

順位を上げることはできませんでしたけど、私たちは嬉しかったです。
選手たちが満足できるジャンプを1本でも飛べたら、それには大きな意味がある。それは大事な経験になって、次に活かせるから。
世界のレベルには、まだまだ遠い日本。
でも、絶対届かない訳じゃないと信じています。
トリノからひとつ、順位を上げることができた。
そうやってひとつひとつ階段を昇るように、前進していけたらいいと思う。

選手のみんなには、たくさんたくさん拍手を送りたいです。


金メダルは当然のように、オーストリアでした。
4人とも、最高のジャンプを2本そろえたのです。
これ以上ないほどの、圧倒的な金メダルでした。

いつか日本も・・・!
その日を夢見て、これからもジャンプ、応援していきます♪


そうそう・・・
37歳葛西選手、まだまだ頑張るみたいです(>v<)
次の五輪を目指すって言ってました!
41歳・・・ホントに、実現したらいいなあ。
まだまだ、楽しみは終わりませんね♪♪

あージャンプも終わってしまったぁー。
あと残る楽しみはフィギュアのエキシビションだけ。早いなあ。

でも、たっくさん楽しませてもらいました!
世界中の選手たちへ。
ありがとうを贈ります(*´▽`*)
  にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
   ネット体験談 総目次1
   ネット体験談 総目次2
   ネット体験談 総目次3
   カテゴリ別目次
    ・「パソコン関連」
    ・「ネット関連」
    ・「サイト作り関連」
    ・「さくら(ブログ)関連」
   ポイントサイト目次
   日記目次
   好きな曲紹介目次
   それぞれの目次ページに飛べます。他の記事をご覧になりたい時にご活用ください。

トップページへ戻る